Windows 10の動き

アメリカ/マイクロソフトはWindows 10のリリースを2015年の「夏頃」を目処に、としていましたが、アメリカ/AMDのCEO/リサ・スーさんがうっかり「7月末」と漏らしてしまいました。

マイクロソフトからの正式なアナウンスはありませんが、濃い線となりそうです。

今からリリースが楽しみなWindows 10ですが、モバイル(Windows Phone)向けも共通のOSになります。

マーケットにあるアプリが少ないのを気にしてか、アンドロイド向けアプリも利用可能になりそうだ、との報道もありました。

記事によると、アンドロイド端末にインストールされる「apk」ファイルがそのまま取り込められる様に感じますが、どうやらマイクロソフトは「SDK」を提供して「簡単に」移植が可能になる様にしていくつもりです。

この対象にはiOS端末向けアプリも含まれ、Android/iOSの膨大なアプリ資産がWindows Phoneで手軽に利用できる様になるかもしれません。

また、Windows PhoneをデスクトップPCに接続することで、PC上で利用可能とする「Continuum」も発表しました。

Microsoft_Continuum
Photo by TechCrunch
その昔、「Ubuntu」も同じコンセプトを持っていましたが、頓挫しました。

Windows 10の場合はどうでしょうか。

実装となれば、面白い機能になるかもしれません。

ところで、Windows(マイクロソフト)のブラウザーといえば、「IE」(Internet Explorer)ですが、決別して「Project Spartan」を立ち上げていました。

このほど、固まった様で「Microsoft Edge」として発表されました。

Microsoft_Edge
Photo by Gigazine
この「Microsoft Edge」はマイクロソフトの音声技術「Cortana」が統合され、Windows Phoneにも標準搭載となりそうです。

「Windows 10」については、あと3ヶ月もすればリリースかと思うと楽しみですが、今後のWindows Phoneの登場も併せて注目を続けていきます。

因みに、「MobiControl」は「Windows Phone 8.1」に対応したMDMですので、今後リリースされる「Windows 10」と「Windows Phone」についても、素早い対応を進めています。

リモート操作時のプラグイン

MobiControlではAndroid端末、ハンディターミナルなどのWindows CE/Mobile機、Windows PCへのリモート操作やiOS端末へのリモートビュー機能を利用する際にプラグインを利用します。

管理コンソールはマルチブラウザ対応なので、それぞれのブラウザ利用の際に一度だけプラグインをインストールして、リモート操作やリモートビュー機能を利用します。

Chromeについては、2013年の9月に「NPAPIのサポート終了についてのお知らせ」を発表しており、NPAPIのアーキテクチャは、ハングやクラッシュ、セキュリティ上の問題、コードの複雑化を生む主要な原因の1つとなっているため、NPAPIのサポートを今後1年間をかけて段階的に廃止するとしていました。

廃止の期限は延長となっていますが、大手サービスの使用される頻度が高い少数のプラグインはホワイトリストに入っており、デフォルトで許可されていましたが起動頻度も下がって、廃止に向け進んでいました。

そして、先日。

Chromeのバージョンが「42」に上がると共に、「NPAPIプラグイン」の効力がデフォルトで「無効」になりました。

NPAPI
経過措置として「chrome://flags/#enable-npapi」からNPAPIプラグイン設定を呼び出すことで、「有効」にすることが出来ます。

しかし、この経過措置も2015年9月には完全にNPAPIのサポートを終了し、NPAPIプラグインを必要とする拡張機能は起動することができなくなります。

プラグイン利用については他のブラウザでは影響がまだありませんが、MobiControl上でChromeを利用してリモート操作を行う場合は注意が必要です。

他のブラウザにも波及する可能性もあります。

ChromeによるNPAPIプラグインの無効化ついては、MobiControlのサイトでもアナウンスしています。

引き続きChromeを利用する場合の対応については追ってお知らせしたいと思います。

便利なSIM

このところ、5月からの「SIMロック解除」義務化に向けた、各キャリアの動向をお伝えしていましたが、KDDIとDOCOMOは共にほぼ同じ内容でアナウスをしました。

片や、「SIMロック解除」後のSIMの取り扱いに目を向けると、以前にGoogleがMVNOとしてインパクトのあるプランを実行しそうだ、と記事にしました。

本格的に動き出した様です。

Project_Fi
Project Fi」名付けられ、先ずは「Nexus 6」向けにスタートを切ります。

アメリカ/スプリントとT-Mobileのネットワークを使用し、LTE/Wi-Fi Calling/Tetheringの利用で、その時に品質がいいネットワークに自動切り替えが行われ、シームレスな通信/通話が可能となります。

アメリカ国内でのスタートとなりますが、毎月の支払額の範囲内でローミング対応もしているので、渡航先の現地でSIMを探す手間も省けるとともに、「毎月の支払額」自体もかなり低廉となっています。

更に、データプランの上限に届かなかった場合は未使用分が割り引かれる様です。

「SIMロック解除義務化」でキャリアが制限や囲い込みを強める中、素晴らしい「プロジェクト」です。

今は「Request Invite」として「招待制」からのスタート(かつてGmailも招待制でしたね)ですが、一日も早く日本での展開、他のNexusシリーズへの展開が望まれるところです。

SIMロック解除情報②

昨日、KDDIがSIMロック解除に関するプレス発表をしましたのでSIMロック解除情報として記事にしました。

ほぼ同時にDOCOMOもSIMロック解除に関するプレス発表を出しています。

DOCOMOは今まで、SIMロック解除について「2011年4月以降に新たに発売されたSIMロック解除機能搭載の携帯電話機など」を対象にロック解除を行っており、かなりの機種が対象に含まれており、柔軟なものとなっていました。

今回の発表では「2015年5月1日以降に発売される機種」について、「機種購入日から6か月間の解除制限期間」が設けられており、ロック解除できる手続き方法(受付)が増えたとはいえ、今までの解除の方向に比べ後退した様に感じます。

DOCOMOも「SIMロック解除に関するガイドラインに準拠し」としていますが、KDDIとほぼ同時の発表であることや内容的に同じとなっている点で違和感を覚えます。

この点については、このサイトでも言及しているところですが、全ての端末でのSIMロック解除を期待した分、今回のキャリアの方針は残念なものとなっています。

SoftBankからはまだ発表がありませんが、おそらく同じ様な内容となる可能性が高そうです。
(SoftBankの後出しでの期待もしたいですか・・・)

キャリアに縛られない、「SIMフリー端末」の登場とMVNOが増えている現在、もう少し条件を緩和してほしいところです。

引き続き、注目したいと思います。

SIMロック解除情報

前回の様々なプランを持ったSIMが登場します、と記事にしましたが、この記事では「SIMロック解除」を睨んでのサービスを取り上げていました。

記事の時点でキャリアからの「SIMロック解除」についてのアナウンスはありませんでしたが、本日キャリア発表の第一弾としてKDDIがアナウスしました。

SIMロック解除の開始について」という発表をみますと、契約後180日経過した「対象」端末に対して「auショップ」または「au Webサイト」から申し込みを受付ける、との事。

総務省の勧告では「5月以降」販売する端末を対象としていましたが、KDDIは4月23日に発売された「Galaxy S6 edge SCV31」も解除の対象端末に含めるとしています。

今後、KDDI販売端末で他社SIMの利用やKDDIのSIMで他社端末の利用も考えられますが、LTEの対応「バンド」と3G回線に関しては「CDMA 2000」という規格を使用しているため、注意が必要です。
(DoCoMo、SoftBankはW-CDMA)

解除可能になるまでの待機期間がちょっと長い気がしますが、他のキャリア含め、状況を見守り確認したいと思います。