AIの勝利とこれから

コンピューターと人間の戦いはチェスから始まります。

将棋と似たこのゲームは6種類16個の駒を使って、8 × 8 = 64のマスの中で相手のキングを追いつめ、キングが追いつめられると「チェックメイト」となり、「降参」です。

複雑な進行となるこのゲームに対し、コンピューターが挑戦を進めていましたが、なかなか勝利を得る事はできませんでした。

しかし1997年、アメリカ/IBM社が開発したスーパーコンピューターの「ディープブルー」はとうとう人間から勝ち越し勝利をものにします。

チェスの世界チャンピョンに勝つためだけに生まれたこのコンピューターも3回目の対戦でやっと栄光を手に入れました。

その後、チャンピョンは再戦を望んだ様ですが、「ディープブルー」はとっとと解体されてしまった様で、その一部は国立アメリカ歴史博物館に提供された様です。

チェスの次に狙うのが「将棋」です。

将棋は9 × 9 = 81のマスとなり、チェスより範囲が拡がるとともに、他陣地から取った駒を使い回すことができるため、格段に複雑となります。

それでも、2012年に開催された「電王戦」では将棋ソフトがプロ棋士に勝利し、翌年には勝ち越しを決めています。

チェスでの勝利から約5年でキャッチアップしていることが驚きです。

更なる驚きは「囲碁」での勝負。

「囲碁」は19 × 19の格子上に白黒の「碁石」を使い、多くの陣地を確保した方が「勝ち」となります。

複雑性も段違いで、進行の組み合わせはチェスが「10の123乗」、将棋の「10の226乗」に対し、囲碁は「10の400乗」になり、宇宙に存在する全原子より多いとも言われています。

イギリス/DeepMind社(現在はGoogle傘下)が開発したプログラム「AlphaGo」は2016年、現役最強といわれる囲碁棋士の李セドル九段と対戦し、4勝1敗の好成績で人間を打ち負かしてしまいました。

将棋でさえ、遠い将来でないと人間に追いつけないと言われていたのが、囲碁でも追い抜いてしまいました。

この裏には「AI」(Artificial Intelligence/人工知能)の急激な発達があります。

1997年から2012年、2016年へと複雑性をものにするスピードが非常に早くなっています。

映画の様に、人間に取って代わるAIロボットがもうすぐ誕生するのでしょうか。

この分野も注目していきます。

iOS9.3の不具合情報

3月21日(現地時間)にアメリカ/アップル社から新しいOSの「iOS 9.3」がリリースされました。

当初、「端末の日付を1970年5月以前に設定して再起動すると端末が使えなくなってしまう(文鎮化)」不具合の修正をメインに、様々な修正を施したバージョンとしてリリースされました。

ところが、アップデート後のアクティベーションに失敗し、端末が起動しないケースが出てしまい、一時的に配布を停止することとなってしまいました。

この件については「いったん iOS 9.3 の公開を中止し “数日のうちに” アクティベーションの問題が発生しないよう変更を加えた新しい iOS 9.3 を公開しなおす」とし、この事象が発生してしまった端末向けに対処方法を公開しています。

現在は対応済みとなった様で、再び配布されています。

さらにこのバージョンでは、ブラウザのリンク処理に不具合があるらしく、URLリンクをタップするとフリーズしてしまう事象が発生している模様。

Safari固有の問題かと思われていましたが、他のブラウザやアプリでも同様に事象が発生しているとのことで、OSの根本部分の不具合となりそうです。

今現在でこの事象についての修正は行われていない様ですので、新しいバージョンのリリースが待たれます。

今回のバージョンは多めの修正等が入っていたので、早速バージョンアップを行った人もいるかと思いますが、バージョンアップに伴う不具合情報をネットなどでしっかり把握した上で実行することが重要だと感じたかもしれません。

このブログでもOSのリリース情報を載せることが多いですが、その際には注意を促す文言を添えてお知らせしています。

たまたま、今回の不具合に遭遇していませんが、気を付けたいと思っています。

教科書のデジタル化

本ブログでも学校教育でのタブレットの導入を記事にしていますが、ついに文部科学省が「デジタル教科書」導入へ動き出しています。

 
2020年をめどに全国の小・中・高校生に対して1人1台ずつ端末を用意することを想定しており、当面は紙とデジタルが併用される方針で固まったということです。

デジタル化になれば持ち歩けない量の資料を付加できたり、辞書や問題集の参照も容易になります。また、単純に教科書を家に忘れることもなくなるでしょう。

その一方でタブレットの買い替えのコストや端末のサポートの問題もありますし、端末を学校に置いていくことが義務化されると、卒業と同時に学習ログが消えてしまうという課題もあります。

さらに教科書ともなると、教科書検定制度で中身をチェックする作業も発生します。

紙の教科書でも膨大な情報量な上に、短期間でのチェックしている現状では、デジタル版で同等の正確性を保つのは困難だと言う有識者もいるようです。

また、動画教材などで特定の事項に焦点が当たった場合、海外から思わぬ批判を呼ぶことになるという懸念もあります。

やはりデジタルにする利点は大きくても、一気に紙の教科書から切り替えるにはクリアしなければいけない課題も多いですね。

デジタル化の決定をしたからには、学習する子供たちにとって良い結果となるように進めてもらいたいものです。

iOS 9.3の登場

アメリカ/アップルは3月21日(現地時間)に、スペシャルイベントを開催し、新しいOSとなる「iOS9.3」を発表し、同時に提供を開始しました。

Apple_93

今回のアップデートは修正内容がかなり多いです。

公開前のベータ(β)版も「7」まで版が進み、多くの修正が入っていることが窺えました。

1970

一番の修正としては日付を1970年5月以前に設定して再起動すると端末が使えなくなってしまう(文鎮化)不具合を修正したものです。

VPP

エンタープライズ向けでは「VPP」(Volume Purchase Program)を利用した場合にアップデートされたアプリが起動しない不具合が修正されています。

その他の修正項目としては「不正確なバッテリー残量が表示されることがある問題が修正されます」が嬉しい修正です。

「iOS9.3」の目玉となる追加機能は「Night Shift」モードです。

Night_Shift

端末の時間と位置情報(地域)を識別して、ディスプレイの色調を変化させる機能です。

夜間に温かい色調のディスプレイ表示に変更となることで、目に優しく、眠りに繋がる効果を狙っている機能です。

なお、「Night Shift」モードに対応している端末はiPhoneは「iPhone 5s」以降、iPadは「Pro」「Air」「mini 2」以降です。

手許のiPhoneは「5」なので、残念。

iPhone_SE

筐体はほとんど変わらない、これまた今回のスペシャルイベントで登場した「iPhone SE」に変更しろということですね。

「iPhone 5」は過ぎた端末だと。

因みに、MobiControlでは今回提供開始された「iOS 9.3」の登録に於いても、早めの対応を完了しています。

「iOS9.3」と「MobiControl」については、追ってお知らせしたいと思います。

意外な事実

普段の移動で、荷物になる様なモノは極力減らしたく感じます。

移動中にかける音楽も、専用のDAP(Digital Audio Player)を持ち歩いていました。

最近のスマホは容量が多くなり、SDカード対応だと更に容量を拡張できます。

この容量増加のおかげで、今でDAPで聞いていた音楽をスマホで聞く様になってきました。

音楽のストリーミングサービスもApple Play、Google Play Music、Amazon Prime Music、AWA、Line Musicなど多く登場しています。

音楽に関しては、「CDの売上が落ちている」と随分前から言われていました。

CD売上の伸び悩み(落ち込み)は様々な理由が考えられますが、最もな理由としてやり玉に上がっているのが「違法ダウンロード」です。

著作権を無視し、手軽に、無料でこれらの楽曲はダウンロードされるため、もちろん「違法」で許されるものではありません。

ただし、「ダウンロード」と「売上」を絡めての展開には違和感を感じたこともあります。

様々な要因が重なって、現在の「売上」の状況になっていると感じます。

意外な結果が公表されました。

heavy_music_buyers
Data by MusicWsatch

CDやストリーミングサービスなどのデジタルコンテンツを実際に購入した経験のある人のうち、35%は違法ダウンロードの経験があるとのこと。

また、違法ダウンロードの経験がある人の方が無い人に比べてCDやデジタルコンテンツの購入額が多いと分かりました。

「違法ダウンロード」=「CD等の売上減少」とならない結果が出ています

この調査結果を更に深く掘り下げ、対象者からのヒアリングなども行うと、「CD等売上減少」の原因の一端が掴めるかもしれません。