Appleにも多大な恩恵が

7月22日にやっと日本でもサービスインした「Pokémon GO」ですが、至る所でトレーナーばかりな現象を記事にしました。

世界的に見ても同じような状況らしく、SOTIオーストラリアから届いた情報でも街中にトレーナーが溢れている様です。

現在はAndroid/iOSの2つのプラットフォームに対応していますが、世界的なブームを受け、Appleも「Pokémon GO」による収入増加が30億ドル(約3200億円)にも上るとの予測も出てきました。

また、iOS端末でのポケモン関連売り上げのうち、30%がAppleの取り分となるので、更なる増加もあり得るとのこと。

この予測を裏付ける様に、「Pokémon GO」のApp Storeでの公開後、4日で無料アプリの第1位を獲得し、1週間のダウンロード数で今までの記録を塗り替えたとのこと。

Appleにとってはここ1~2年ハッピーな状況になりそうです。

ところが、本来の端末販売では雲行きが少し怪しくなってきました。

お膝元のアメリカや巨大市場に成長している中国でシェアの下落が続いているとのこと。

日本でも、永らく圧倒的なシェアを有していましたが、Androidの豊富な端末群に押されてか、少しずつシェアを落としていました。

それでも半数以上はiOS端末で、街のアチラコチラでiOS端末を利用しているユーザーを多く見かけます。

OS_Share

しかし、5月には半数を割り、シェア「40.6%」との報告が出てきました。

「Pokémon GO」により多額の収益が転がり込む中、他方で端末販売の伸び悩みが発生している状況は今後どの様な戦略を立ててくるか、注目していきたいと思います。

増えるSNSユーザー

米国の市場調査会社のeマーケターが先日公表した指針リポートによると、Twitterの世界利用者数は今年2億8630万人となり、昨年の10.9%増の成長になるそうです。

これは「月間アクティブユーザー数(MAU)」であり、2030年までには更に8000万人ほど増加する見通しです。

ちなみに昨日の記事にも書いた「ポケモンGO」はTwitterの日間ユーザー数を抜き、滞在時間ではFacebookを超える勢いだとか。

サービス開始から間もないですが、すでに爆発的な人気を得ているようです。

少し話がそれましたが…最近のSNSはFacebookやInstagramなど、Twitterにとって強敵が数多く存在します。

Facebookが有する「Facebook Messenger」は今月ユーザーが10 億人を突破したことを発表しており、Instagramは日本の10代~20代の女性の3人に1人は利用しているとの調査結果が出ています。

 

ユーザー数の上昇が予測されているTwitterですが、ライバルに負けずに予測通り利用者を伸ばすことができるのでしょうか。

 

140秒までの動画投稿も可能になり、VR業界参入も予定しているTwitter。今後の動向に注目です。

街中トレーナーだらけ

日本でのリリースが7月20日に行われると噂されたもの、結局リリースされずに「残念感」が漂った「Pokémon GO」ですが、何と7月22日にリリースとなりました。

Screenshot_20160725-175723

海外での先行サービスインに待ち遠しさを持っていたのか、そこかしこにトレーナーがいます。

ただ、様々な場所で利用できるため、出雲大社ではポケモンGOが禁止になったり、名古屋の舞鶴公園がポケモンの「聖地」になっちゃったり、と色々なことになっています。

中にはモンスターボールを投げやすくするためのスマホケースや「Pokémon GO」利用時のデータ通信料を無料にするサービスの登場も。

学校が夏休みに入った今、子供たちも一層楽しんでいることでしょう。

日本でサービスインされたものの、一部のシャープ製スマホではアプリのダウンロードができずにちょっとした騒ぎにもなった様です。

現在は終息に向かている様ですが、まだ全ての解消とはなっていない様です。

「Pokémon GO」アプリはiOS/Android向けに提供されていますが、「第三のOS」である「Windows 10 Mobile」向けには提供されていません。

wp_ss_20160725_0001

ガイドアプリと怪し気なアプリはあるのですが・・・。

この状況に業を煮やしたWindowsユーザーは「Windows 10 Mobile」に対応してもらうべく、オンライン署名プラットフォームで署名活動を始めました。

目標署名数は「75,000」のところ、現時点で「約92,000」集まっています。

集まった署名はNintendo/The Pokemon Company/Niantic, Inc.へ届けられる様です。

「Windows 10」プラットフォーム向けにもサービスインされるでしょうか。

iOS 9.3.3のリリース

「iOS 9.3.2」は5月17日にリリースされましたが、iPad Pro 9.7インチモデルで不具合が発生したため、6月3日に改めて修正版「iOS 9.3.2」として再リリースとなりました。

そして、7月19日。

最新版iOSとして「iOS 9.3.3」がリリースされました。

iOS9_3_3

このバージョンでは新しい機能はなく、バグ修正とパフォーマンスの向上がメインとなっています。

このバージョン以前のバージョンでは「iMassage」に関する脆弱性が存在するため、アップデートが推奨されています。

この脆弱性はiMassageを介して送付されたファイルから、ストレージやパスワードを保存している領域へのアクセスが可能なコードを実行できてしまう、というものです。

iOSのアップデートにより、防止が可能となっています。

その他の修正項目として、
・特殊な予定への出席依頼を受信した際に強制再起動する問題
・終了したはずのFaceTime通話で音声を継続して取得できる問題
・Safariで表示しているページのURLを偽装できる問題
・Siriを使い、ロックを解除することなくiPhoneの連絡先が閲覧できる問題
などがあります

アップデートが推奨されているバージョンですが、「iOS 9.3.2」の場合がある様に、予め情報収集を進めた上で、アップデートされることをお勧めします。

残念

アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドから提供された「Pokémon GO」ですが、提供開始から様々な国に拡がっています。

しかし、何故か出身国である日本で提供されていませんでした。

日本向けには、十分なサーバーを構築できていないとしてサービス提供が遅れている状況でした。

しかし昨日(7/19)、7月20日に日本で展開されるらしいよとの報道があったため、浮ついた状況にもなっています。

またまた、しかし・・・。

明けて7月20日になっても状況は変わっていませんでした・・・。

ポケモンサイトでは「2016年サービス開始予定!」との文字のまま。

実はサービス開始予定は本当の様でしたが、リークがあったために、リスク回避により延期になった模様。

開発元CEOの話しでは「7月末までに提供したい」と発言があった様なので、もうしばらく待つことになりそうです。

最終的には世界200ヶ国(あれ?そんなにあるかな・・・)で提供されるとのことなので、地球規模で旋風が巻き起こりそうです。

「Pokémon GO」については、もう少し追っていきたいと思います。