iOS 9.3.5リリース

間もなく(9月中旬~下旬?)の、新しいiOSの登場が待たれますが、一足先に修正版がリリースされました。

今回のリリースバージョンは「iOS 9.3.5」。

IMG_0001

「iOS 9.3.4」に残っていた脆弱性を修正したものとなり、
・カーネルメモリーの内容が公開できてしまう問題
・悪意あるアプリがカーネル権限で任意コードを実行できてしまう問題
・悪意のあるサイトを表示した際に任意コードが実行されてしまう問題
に対処しています。

上記2つは「カーネル」に関する脆弱性で、もう1つは「WebKit」に関する脆弱性です。

これらの脆弱性については、実際に攻撃対象として実行されたと公表されており、IPA(情報処理推進機構)は至急のアップデートを呼び掛けています。

この件は某国の人権活動家に対して送付された不審なメールの解析から分かりました。

具体的な事例として脆弱性の修正を行ったアップデートですが、アップデートを行う際はウェブサイトなどでアップデートに関する情報収集を行い、念のためのバックアップを取ってからが宜しい様です。

通話は無料の時代へ

通話のあり方が変わろうとしています。

今月、楽天は傘下の対話アプリ「Viber(バイバー)」で提供している有料通話サービス「Viber Out」のすべての通話を無料にするトライアルを始めたと発表しました。

すべての通話というのは、携帯電話・固定電話も対象になるということで、業界で初の試みだそうです。

ついに通話が無料の時代がきましたね!ユーザーとしては嬉しいニュースです。

このトライアルでは、携帯電話と固定電話への無料通話は1回につき最大10分までですが、通話回数に制限はありません。

現段階で国際電話は対象外で、緊急電話(110や119等)は利用できないということです。

通常有料の通話が無料になるので、正式には「LINE電話」や「Skype Out」がライバルになるのですが…有料・無料と区別せずに通話が可能な「Viber」が一気に支持を集め、ユーザーにとってメインの対話アプリになることも考えられます。

一方、LINEはというと…

格安SIM「LINEモバイル」の詳細が9月5日に明らかになる!と盛り上がりを見せています。

月額500円からという低価格で、無料通話&チャットツール「LINE」のほか、SNSにおけるデータ通信料をカウントしないということ以外は公表されていないので、来月の発表によってはLINEの一人勝ち状態が続く気もします。

携帯電話や固定電話への通話に関する施策があると、「Viber」の伸びは鈍化するかもしれません。

企業間では厳しい競争が続きますが、長い間高額な通話料を支払ってきたユーザーにとっては、嬉しい変化になりそうです。

次は東京

あっという間の17日間でした。

2016年8月5日にブラジル/リオ・デ・ジャネイロで開催された第31回オリンピック競技大会は8月21日に幕を閉じました。

日本との時差が丁度12時間だったので、競技観戦には厳しい時間帯でした。

日本は勢いがあって、金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル21個の合計41個のメダルを獲得し、前回のロンドンオリンピックを上回り、国別ランクでも6位となり、次回に期待できる結果になっています。

その、次回開催地は「東京」です。

今回のオリンピック閉会式では、小池東京都知事が五輪旗を引き継ぎ、安倍総理大臣がマリオのコスプレで東京大会をアピールしました。

4年後が楽しみになる様な閉会式(引き継ぎ式)だったのではないでしょうか。

ところで、リオ五輪では合計5130個のメダルが製造されたそうです。

どの様なメダルデザインになるか、楽しみな部分もあります。

金銀銅のメダルは全て、色と同じ「純」金属で出来ている訳ではありませんが、相当な量は必要になります。

そこで、ここでも日本の技術を活かそうという動きがあります。

日本は天然資源に乏しい国ですが、発展の賜物か、「都市鉱山」による資源確保が有望です。

「都市鉱山」とはPCやスマホ、家電製品に組み込まれている電子部品に使用されている金属類を鉱山に於ける金属と同等とみなして表現されたものです。

採掘される金属類が「地下資源」ならば、都市鉱山から取り出される金属類は「地上資源」となります。

都市鉱山_01

「都市鉱山」に「埋蔵」される金属類は鉄12億トン、銅3,800万トン、銀6万トン、金6,800トン、レアメタルであるタンタル4,400トン、リチウム15万トンと推計されています。

びっくりするほどの量で、例えば「金」で考えると、世界全体の現埋蔵量に占める割合では「16.36%」にもなります。

ただし、これら都市鉱山の埋蔵量は「全て回収出来たら」の話しなので、今後は如何にリサイクルに乗せ、効率よく回収するかが課題となります。

次回の東京オリンピックで、「都市鉱山」から算出された金属で全てのメダルが賄える様になると素晴らしいですね。

Android 7.0 リリース

モバイルOSの世界シェアをみてみると、Android OSが圧倒的な状況の様ですが、Android端末内でみてみると新しいOSになかなか進んでいない様です。

今年(2016年)3月時点での最新Android OSは「6.0」(Marshmallow)でしたが、Android内のシェアは「約2.3%」でした。

この8月に入っての状況はというと・・・

Android_OS_01

「6.0」(Marshmallow)のシェアは「15.2%」です。

その前の「5.0/5.1」(Lollipop)が「35.5%」、更に前の「4.4」(KitKat)でも「29.2%」あります。

新しいOSへ置換えが進んでいない状況が見えてきます。

そんな中、新しいOSとして「7.0」(N)が登場しました。

Android OSは代々スイーツをOSの名前に付けているので、今回の「N」は行き詰まったのか、名称の公募もしてみたり・・・。

その名称が決定し、「Nougat」(ヌガー)となりました。

Android_OS_02

アメリカ時間の8月22日にリリースされた「7.0」(Nougat)ですが、250以上の機能が追加されています。

ただし、新しい機能の恩恵に預かれる端末はNexusシリーズの6/5X/6P/9、Android TVのNexus Player、Google謹製タブレットのPixel CとAndroid OneのうちGeneral Mobile 4Gです。

また、このOSを搭載した新端末としてLG社の「LG V20」が予定されています。

これから流行るであろう「VR」(Virtual Reality)や「AR」(Argumented Reality)に親和的だったり、個人的にはバッテリー管理機能の「Doze」がより賢くなった部分が気になります。

多くの新機能が備わっているので、追って記事にしたいと思います。
(「Nexus 5」が対象外となってしまったのが悲しいですが)。

ところで、新しいOSの登場ももうすぐ、ですよ。

人を超える人工知能

人工知能「IBM Watson」が、自然言語処理を利用した「Personal Insights」機能をリリースしました。

この機能では、ツイート履歴を解析してツイートした本人の性格を分析できるそうです。

意識せずに書いたツイートから、どういう性格かわかってしまうとは…少し怖い気もします。

また、「Watson」は医療分野でも活躍しています。

ある病院で医師に「急性骨髄性白血病」と診断された60代女性が、症状に効果があるとされる治療で改善が見られず容体が悪化していたため、「Watson」で再度症状を分析したそうです。

その結果、この女性は「二次性白血病」だったことが判明し、正しい治療を行うことができるようになりました。

最終的には無事に退院できたようです。

ここで使用された「Watson」は東京大学医科学研究所が導入したもので、2000万件以上の研究論文や1500万件以上の薬の特許情報を学習させていました。

IBMによれば、「Watson」は15秒で40万件の論文を参照することが可能とのこと。

膨大な情報を学習し、的確な解決策・診断を導き出せるのは驚きですね。

国内だけでも、既に41名の患者が判断の難しいがんの特定に至っているということなので、人工知能が医療を先導していく日も近いかもしれません。