今年も1年、ありがとうございました

本日、2016年12月28日は弊社(ペネトレイト・オブ・リミット株式会社)の本年最終営業日となります。

本年はこのブログに207本の記事を掲載しました。

気になった記事はありましたでしょうか。

「モバイル」を軸に、執筆者が気になっているトピックを掲載していますが、「モバイル」を取り巻く環境も日々変化していて、SIMフリー端末の台頭があったり、VR(Virtual Reality)が流行りつつあったり・・・。

「モバイル」から「ウェアラブル」へのシフトが進むかと思いきや、スマートウォッチは失速気味だったり・・・。

OSをみてみると、AndroidやiOSのアップデートで魅力的な機能が追加された年でもありました。

思い返してみても、あっという間の一年でした。

2016年、どんな年でしたでしょうか(個人的にはWindows 10 Mobileのアップデートが来ましたが、もう少し使いやすいかと思ったのですが・・・)。

そして2017年、どんな年にしますか(個人的にはWindows 10 Mobileのアップデートでもっと使いやすくなってほしいですが・・・)。

来年、2017年は1月4日からの営業となります。

新たな年に、より「気になる」記事が出来上がればと思っています。

今年一年間、本当にありがとうございました。

さて来年、気になるトピックとしては「IoT」(Internet of Things)です。

「MobiControl」の便利な機能も、少しずつお伝えしていきたいと思います。

来年も引き続き、MobiControlとこのブログを宜しくお願い致します。

次は折りたたみ?

フィーチャーフォン(ガラケー)の歴史を振り返ると大きな弁当箱様から始まり、やがて「手に持てる」ストレート端末になり、画面の大型化で折りたたみ式端末へと流行のカタチを変えてきました。

スマホも登場当初はディスプレイサイズが小さいフラット型からディスプレイサイズが大きくなり、大きい方では「タブレット」という分野が登場し、さらにタブレットとスマホを埋めるサイズとして「ファブレット」という分野が登場しました。

現在のフラット型(ストレート端末)から、更なる変化が見られるでしょうか。

韓国/Samsung社は以前から、スマホの「次のカタチ」を考えていました。

2012年、中国市場向けに「W2013」という端末を発表しています。

samsung-sch-w2013

この端末は二つ折りガラケーのカタチを踏襲しながら、前後にディスプレイを配した「デュアルディスプレイ」になっていて、富裕層を狙った端末でした。

以降、中国富裕層向けにシリーズを進化させ「W2014」「W2015」「W2016」「W2017」と毎年端末をリリースしています。

最新の「W2017」はCPUが「Snapdragon 820」で4GBのメモリに64GBのストレージを有し、microSDにも対応しています。

samsung-sm-w2017-720x316

シリーズの特徴となるディスプレイは両面とも4.2インチのフルHD(1920pix × 1080pix)。

この端末も富裕層をターゲットとしており、市井で販売されているハイエンド端末より、更に高額になる模様です。

この「折りたたみ」、これから来そうです。

本当に折りたためるディスプレイは韓国/LG社が開発していますが、これを目当てに「Microsoft」「Google」「Apple」がアプローチしている様です。

ガラケーの折りたたみの様なカタチではなく、タブレットを折り畳んだ様になると考えられます。

ともかく、どんな端末が出て来るか、楽しみに待ちたいと思います。

あぁ、残念

使ってますか?

「スマートウォッチ」。

このブログでも何回か取り上げている「スマートウォッチ」ですが、どうも盛り上がりに欠けている様で、と思っていたら出荷数事態も減少傾向の様です。

スマートウォッチの5大ブランド(メーカー)は「Apple」「Germin」「Samsung」「Lenovo」「Pebble」ですが、トップを走る「Apple」のシェアは「41.3%」。

smartwatch_01
Data by IDC

その「Apple」も2015年の390万台出荷から、2016年には110万台出荷と前年比「-71.6%」となっています。

smartwatch_02

もっとも、「Apple」自体のシェアが随分と下がっている様ですが、全体的にみても2015年の「560万台出荷」から2016年の「270万台出荷」へと半分以上減っています。

当初利用していても、最近は利用しなくなってしまう場合もあるかもしれません。

また、スマートフォンやタブレットに比べ、端末価格が高めだったり、バッテリーの持ちが・・・の部分で購入、利用に進まなくなってしまっているのかもしれません。

ただ、スマートフォンやタブレットが割と最近になって、コストパフォマンスの高い製品が出て来る様になって、低廉な価格で購入できる様になった事を考えるとスマートウォッチも今後同様な道を進むのでしょうか。

ところで、5大スマートウォッチブランド(メーカー)に入っている「Pebble」ですが、プラスチック筐体の軽快なスマートウォッチ「Pebble」やより時計らしさとスマートウォッチらしさが増した「Pebble Time」が有名です。

両方とも「出来の良さ」で人気がでましたが、制作にあたりクラウドファンディングで出資を募ってスタートアップしています。

後継機「Pebble Time 2」もクラウドファンディングで出資を募り、目標額の「5倍」を集めていました。

ところが、「Pebble」は活動量計メーカーの「Fitbit」に買収されました。

当然、クラウドファンディングでのプロジェクトは「中止」となり、出資者に今回の件で連絡が入っている様です。

「Pebble Time 2」の出荷(発送)直前の時期だっただけに、楽しみにしていた出資者は落胆しています。

「Pebble」を買収した「Fitbit」ですが、Pebbleが持っていたノウハウをどう活かして、新たなデバイスを披露するのでしょうか。

「Pebble Time 2」がなくなった今、少し注意したいと思います。

ランサムウェアの脅威

マルウェアの脅威でも、このところは「ランサムウェア」による脅威が増しています。

「ランサムウェア」とはPC、モバイルデバイスを暗号化やロックしてしまい、解除に対する「ランサム」(身代金)を要求する「マルウェア」です。

厄介なのは、身代金を払ったとしても解除される保証がなく、場合によっては身代金の支払いばかり続いてしまうこともあります。

世界的な拡がりと同様に、日本でも拡大しています。

ransome_01
出典:トレンドマイクロ社

2015年第3四半期では「法人:340」「個人:1,060」「合計:1,400」のランサムウェア検出台数だったのが、2016年第3四半期には「法人:7,900」「個人:26,300」「合計:34,200」と前年同期比で「24.4倍」にもなっています。

流入経路はメールによる添付を開いてしまうケースが一番多く、次いでWeb経由での拡散になります。

業務利用しているPCやシステムがやられてしまうと影響と被害は甚大です。

さらに、「モバイルデバイスへの脅威」も見えてきました。

160914comment01

上のグラフは同じくトレンドマイクロ社の資料で、過去1年間(2015年9月~2016年8月)におけるモバイル向けランサムウェアの検出数推移を表しています。

2016年8月時点では、全世界で「193,000件」が検出されました。

ただモバイルデバイス向けのランサムウェアでは、内部の暗号化ではなく「ロック」を利用した攻撃がほとんどで、外部からの暗号化が難しいためだと考えられています。

端末の初期化により排除することが可能ですが、再設定を思うとやはり「考えもの」になります。

「ランサムウェア」をはじめとした「マルウェア」への対策は「事前」が肝要です。

・JailBroken(脱獄)やルート化は行わない
・公式のマーケットのみの利用とする
・アプリの評価や開発元の評判をしっかりチェックする
・セキュリティアプリを導入する
・インストールの際は「権限」(何にアクセスするのか)をしっかりと確認する
・メールやSNSのリンク、添付を安易に開かない

これらをしっかりと実行して、セキュアな端末に保ちたいものです。

ランサムウェアを含めた「マルウェアの脅威」については今後も追っていきたいと思います。

MobiControlではAndroid端末向けにウェブフィルタリング機能やマルウェア対策機能、iOS端末向けにウェブフィルタリング機能を提供しています。

日頃の「事前」対策とともに、上記も含めたMobiControlの機能をフル活用することで、業務利用するモバイルデバイスのセキュリティは一層強化されます。

MobiControlでの『セキュリティ対策』については

support@pol-japan.co.jp

までお問い合わせ下さい。

iOS10.2リリース

12月13日、Apple社は新しいiOSとして「iOS10.2」をリリースしました。

img_0015

今回のアップデートは「テレビ(TV)」「絵文字」「写真」「メッセージ」「ミュージック」「News」「メール」「アクセシビリティ」の項目で追加や修正が行われています。

また、「その他の改善および修正」として
●カーテン/ブラインド、人の検知、動き、ドア/窓、煙、一酸化炭素、水漏れセンサーなどを含むHomeKitアクセサリ用の通知のサポートを追加
●HomeKitアクセサリ用のファームウェア・アップデートがある時の通知のサポートを追加
●他社製のアクセサリとのBluetoothのパフォーマンスおよび接続を改善
●FaceTimeに参加している人がぼやけて見える問題を修正
●FaceTime通話で、縦横比および画面の向きが間違って見える問題を修正
●Visual Voicemailの再生を完了できない問題を修正
●Safariのリーダーで、記事が空白のページで開いてしまう問題を修正
●Safariのリーディングリストで記事を既読にすると、Safariが予期せず終了してしまう問題を修正
の追加や修正が行われています。

「iOS 10」になってから、「シャッター音が(必要以上に)大きくなった」という残念なお知らせがありましたが、スクリーンショット時のシャッター音は「サイレントモード」で「無音」になり、ちょっと嬉しい修正かもしれません。

このアップデートで重要な修正は「ロック画面から簡単に端末アクセスが可能となる」脆弱性に対応しています。

いつもの様にOSのバージョンアップは様々な情報を収集した上で、慎重に行った方が宜しい様です。