MZ-80C ミニチュアサイズで再現

2017年5月11日に株式会社ハル研究所は、1978年以降に         大ヒットしたMZ-80Cをミニチュアサイズで再現した「PasocomMini MZ-80C」を発表しました。

4分の1サイズというコンパクトな手のひらサイズになりま   したが、モニタフードを外し手画面シートが交換できるほか  実機に備わっていた開閉機構やカセットデッキの開閉も再現  しています。

さらに、最新のBASICプログラミング環境として「SmileBASIC」 も搭載しており、USB-HIDクラスの機器を扱うことも可能と  なっているようです。

 

パソコンミニには、「PC-8001」,「FM-7」,「MZ-80C」の3機種が  あり、今回は第1弾としてMZ-80Cが2017年10月中旬頃から BEEP秋葉原店で発売される予定となっています。

MZ-80Cには、開封後すぐに遊べるように、当時人気の高かったゲームソフト3本が実装される予定となっており、ゲームソフト のタイトルは明らかになっていませんが、大人から子供まで一緒に楽しむことができ、親子のコミュニケーションのきっかけにもなるかもしれません。

MZ-80Cの反応がよければ、PC-8001やFM-7も製品化を検討するとのことで、私個人的には3機種の世代ではありませんが、他の ミニシリーズにも興味があるため製品化されることを楽しみにしています。