人工知能の躍進

「遊べる本屋」のヴィレッジヴァンガードの渋谷本店に人工知能(AI)を持った店員が7月中旬に登場するそうです。

kf_ai_02

当初は対話機能こそ実装されないものの、ゆくゆくは自然言語処理機能を搭載し、来店客が話しかける言葉を理解して返事をしたり、探している本のコーナーを教えたりできるようになるようです。

人工知能の歴史は古く、1950年代後半から1960年代の第1次人工知能ブーム、1980年代の第2次人工知能ブームそして2000年代から続いている第3次人工知能ブームがあります。特に現在では ビックデータを扱えるようになったことやそのデータを元にディープラーニングを行うことが可能となっています。

人工知能の進歩は目覚しく、日本の労働人口の47%がコンピューター技術に代替されると言われています。

ent23_img01 (1)

例えばレジ自体をなくすと言われるamazon goやハウステンボスのホテルで実用化されている受付業務などで幅広い分野で活躍しています。

2017年5月に人工知能アルファー碁が世界トップ棋士に3連勝を 納め引退を表明したことも記憶に新しいかと思います。

私がコンピュータとしての人工知能を意識したのは「A.I.」を映画館で見たときでしたが、いずれは同じような思考をする人工知能が現実になるのかもしれませんね。

img_4

 

カシオ計算機社主催「IT-G400発表セミナー」の開催

業務用Android端末が注目される中、国内メーカー様でも    続々と業務用デバイスが発表されております。

そのうちの1社であるカシオ計算機株式会社による      新製品「IT-G400」の発表セミナーが先日開催されました。

CIMG8683

新製品の紹介は勿論、数々の企業様が講演をされている中   適切な端末管理ツールとしてMobiControlについても講演   させていただきました。

IMG_0541

IMG_0540

カシオ計算機社では、今回の新製品「IT-G400」以前にも様々なAndroid端末を提供しており、導入企業様も多くいらっしゃいます。実際にそのような端末の管理として、MobiControlが採用 され、多くのお客様にご利用頂いております。

セミナーでは、実はあまり知られていない「Android端末を管理 する上で大事な3つの要素」を中心にお話をさせていただきました。皆様はこの3つがお分かりになりますでしょうか。

1つ目は、セキュリティーです。               ロック・初期化・マルウェアからの保護、それだけでは端末の セキュリティも担保で来ません。

2つ目は、運用保守性です。                 端末の資産管理・一括端末設定、それだけで運用保守の効率が 上がるのでしょうか?

そして3つ目は、拡張性です。               次々と新しい機能やアプリが増えていく中、それ対応していく インフラが必要です。そしてそれを管理者様の負担無くできる 運用方法を実現する必要があります。

MDMを選定する管理者の方は、なぜMobiControlが選ばれるのか気になりませんか。その理由を是非セミナー会場で知って、実感してみてはいかがでしょうか。

この後も名古屋・大阪・福岡の3会場で講演を予定しております。ご興味をお持ちの方は是非お申込み頂ければと思います。

当日会場に来られなかった方もご安心ください。       お問合せ頂ければ当日の資料をお渡しさせて頂来ます。

システム管理者の方のお役立ちになる情報も掲載しております。

昔の思い出をデータで保存

デジカメやスマートフォンなどが普及したことにより、写真のネガフィルムはほとんど見なくなりましたが、家の押入れの中や昔のアルバムの中に残っている方々もいるのではないでしょうか。

そんな昔懐かしい写真のネガフィルムをスマートフォンで現像できるアプリケーション「FilmLab」がKickstarterに登場しました。

 

 

FilmLabは、スマホ向けのアプリケーションであり、ネガフィルムを認識する画像処理エンジンを搭載しています。そのためライトボックスに設置したネガにスマホを向けるだけで、現像した写真のように端末に表示させ画像として保存することが可能となっています。

カメラに夜画像の傾きや色などは自動修正されるため、保存後に再度画像修正する必要はないようです。

 

 

現在は、35mm白黒とカラーフィルム、中判白黒フィルム(6×6センチ)に対応しており、スマホの機種によって出力できる画像形式は異なるようですが、iPhone 6s/7などであれば高解像度での保存が可能なようです。

昔の思い出をデータで保存することで、アルバムや動画を作成する時に今までよりもきれいな写真を使用できるようになるのではないかと思います。

高まるGoogle Tangoへの期待 ~ARとモバイル~

昨年12月にリリースされた LENOVO の Phab 2 Pro には、   Google TangoのAR技術が搭載されており話題を呼びました。  発売当初は「ARが売りのレノボ端末を買うにはまだ早い」と   いった声を周りから聞いてもいましたが、そこから半年近く  経った今では購入を検討している人たちが増えているのでは  ないかと思います。

理由は大きく分けて2つあります。

 

1つは半年前と比較し、Google Tangoに対応したアプリが    増えてきたことで。まだまだ、一般的なアプリと比べると   数は少ないですが、確実にその数は増えてきています。

中でもBMWが提供しているアプリ「BMW i Visualiser」は、  是非体験してみてください!!

カメラを向けた先に「BMW i3」と「BMW i8」を投影し、   自在に希望の色やホイールに変更することができ、実際に   購入した時のイメージを店舗に行かなくとも、自宅の駐車   場で行える。近未来型のアプリとなっています。

実際に扉を開き乗り込むこともでき、今後の「物」のあり方   を問う画期的なシステムとなっています。

 

もう1つの理由として、LENOVO以外のメーカーがTangoに   対応した端末をリリースすることにあります。4月に発売    されているものでは、ZenfoneARがあり夏以降に国内でも   リリースを予定しています。

ZenfoneAR では、AR だけではなく VR の機能も搭載されて   おり、ヘッドセット(Daydream)をつけることで、高解像度   のバーチャル世界を体験できます。           ※Daydreamは2017年4月現在、日本未発売となります

 

夏以降、LENOVO以外の端末でもTangoい対応されていく   ことで、アプリの数も増えていくと考えられ、業務や販促   ツールとしての活用も今後どんどん増えていくと期待でき   ます。

是非、これを機に一度検討してみてはいかがでしょうか。