Category Archives :サービス

Android_業務端末③ ホテルでの利用

2017年8月17日の投稿「広がり続けるVRの可能性」の変なホテルにちなんで、ホテルのお話をしたいと思います。

世の中ではホテル向けのサービスとして、ホテルを利用される お客様や従業員向けの様々なアプリケーションがあります。

例えば、清掃状況やお客様からの問合せ状況などの確認のため のコミュニケーションツールや、客室内の空調やホテル内サー ビスの一元管理を行うシステムなど様々な製品が存在しますが、様々なホテルのシステムで、今では当たり前のようにモバイル デバイスが活用されております。

今までの客室内や館内のご利用案内などは、部屋の引き出しを 開けるとずっしりとした冊子が入っていたのが当たり前でしたが、最近ではタブレットで電子データ化されているケースも珍 しくありません。

タブレットを利用することで、リアルタイムにコンテンツの更新ができ、シーズンに応じて次々と新しいサービスをスタートできることで、リピートにもつながりますよね。

私もホテルに入った時にタブレットがあると、どんな情報があるのかな?と気になってみてしまいます。冊子だとあまり見ないものもタブレットだと気になってみてしまうのも不思議ですが、新しい発見があるかもしれないと期待してしまうのかもしれませんね。

ただ、ホテルに限らず気になることや、タブレットを見たときの好奇心は、皆様も共通ではないでしょうか。

タブレットを見ると、色々触ってみたくなりますし、詳しい方 ならいろんな操作をしてしまうかと思います。

そうなった時に困るのは、タブレットを貸し出しているホテルです。もし、必要なアプリを消されてしまったら、不要なアプリをインストールされてウィルスに感染してしまったら。。。課題は色々あるかと思います。また、持ち出しによる盗難などのリスクもあるかと思います。

そんなリスクを回避するために必須となるのが、EMMツール  です。ただ「端末をロックできる」「初期化できる」だけでは、リスク回避は不十分です。運用を考え慎重にEMMの選定をする ことが大切です。

MobiContolは香港・上海に拠点を置くペニンシュラホテル様に ご利用頂いております。

客室に設置されたAndroidタブレットは、すべてMobiControlで 管理されています。特に中核となるのはランチャー機能です。 客室専用メニューのみを表示させるように設定し、それ以外の 操作を禁止することでお客様の混乱を避けることが可能です。

また、その客室専用メニューアプリは、端末内にインストール する必要があり、何千台の端末に配布・更新をするのは非常に 大変ですが、MobiControlのサイレントインストールがあれば ユーザの操作を必要とせず、児童でインストールや更新を行う ことが可能です。わざわざ全客室を回る必要もなくなります。

また、部屋から持ち出されたタブレットは、自動で管理者にアラートメールを送信し、持ち出し予防を行うことで端末紛失対策を行っております。

その他にも様々な機能を搭載しているMobiControlを利用する ことで、細かな運用のお助けをさせて頂きます。

ご不明点があれば是非お問合せ下さい。http://mobicontrol.jp/contact/

意外な支払い手段

iOS 10、そしてiPhone 7/iPhone 7 Plusの登場で日本でも「Apple Pay」が利用可能となり、便利さが拡がってきましたが、一方で企業利用している場合には「制限したい」との声もあります。

「MobiControl」でもそんな声にお応えできる機能も提供し、企業向けに安心をお届けしています。

ところで、世界規模で考えると、端末は持っているけど、常時快適な通信環境にない地域や国がまだまだ多くあります。

これら地域、国では決済手段が乏しく、また金融機関も十分に機能していない場合があり、ネットワークを利用した支払手段は敷居が高いものとなっています。

この様な状況を打破するべく、また円滑な決済手段の登場をビル・ゲイツ財団ではかねてから提唱していました。

これに呼応するように、英国/ケンブリッジ大学は貧弱なネットワーク環境下でも資金決済が可能となる「DigiTally」を発表しました。

この「DigiTally」は多くの国や地域でまだ使われている「GSM」(2G)回線でも安全に決済手段を提供したものとなり、SIMに「DigiTally」専用のシールを貼って、セキュリティーを高めて利用します。

暗号化されたSMSベースを使い、8桁のコードを利用して決済するので、スマホでなくてもフィーチャーフォンでも使えます。

セキュリティーが甘い通信回線のセキュリティーを高め、通信品質を安定化し、かつ簡単な操作で決済が可能となるこの技術は「手軽さ」の恩恵を与えそうです。

リッチな環境でも、プアな環境でも同じように発展していくことが望ましいです。

この「DigiTally」、今後もちょっと注目していきたいと思います。

ガラケーの終焉

ケータイ電話が登場した1985年当時(もっとも、携帯する様な大きさではありませんでしたが・・・)、単純に「電話する」機能のみでした。

1987年には小型化され(それでもブロックくらいの大きさでしたが・・・)ましたが、やはり「電話する」機能のみのものでした。

除々に機能追加されていき、「電話する」機能のみからショートメッセージ(SMS)によるメッセージの送受信は出来る様になっていました。

そして1999年。

終末感が漂うこの年の頭に、NTTドコモから世界初の携帯電話IP接続サービスの「iモード」が誕生します。

それまでの単純なメッセージ送受信から、「メール」を利用したメッセージ送受信や端末から直接インターネット網へ接続が可能になり、機能と利用できるコンテンツが大幅に拡大していきました。

様々なメーカーから出ていた端末も、各社争う様に「小型、軽量化」していき「80g」台の端末もありました。

一つの時代を作った「iモード」ですが、スマートフォンが出始め、「モバイル」の主流が「ガラケー」から「スマホ」へ移るとともに利用者も減少することとなりました。

この、利用者減少はスマホへの最適化への遅れも影響している様です。

2016年11月2日、NTTドコモはiモード搭載のケータイ(ドコモケータイ)の出荷を終了すると発表しました。

同時にiモード搭載の「らくらくホン」と「iモードサービス」は引き続きの出荷と利用が可能とアナウンスしています。

ガラケーの終焉とともに、iモードも、より衰退していく様です。

「iモード」マークの点滅、そしてメール受信・・・懐かしいです。

一部の端末で使えません

まだまだ熱を帯びている「Pokémon GO」ですが、全ての端末で快適な状況ではない様です。

Android端末で動作確認できている環境として、「OS4.4」(Kitkat)以降、メモリ領域「2GB以上」「GPS機能」「ジャイロスコープ機能」の実装です。

ところが、満たしていても「Pokémon GO」のダウンロード/インストールができない端末がある模様。

シャープ社は自社端末で利用できない端末を公開しました。

「AQUOS ZETA SH-04F」でOSが「4.4」(Kitkat)と「5.0」(Marshmallow)で利用ができないとの事。

現在、開発元へ確認しているとの事ですが、該当端末を持っている利用者はなんとも言えない気分になっているかと思います。

一方、iOS端末は「iOS 8」以降対応の端末で利用でき、Android端末に比べ端末の個体差が少ないために快適に利用できている様です。

「Pokémon GO」向けの通信サービスも幾つか出てきています。

プラスワン・マーケティング社は展開している「FREETEL」ブランドの「FREETEL SIM」利用者に対し、「Pokémon GO」利用時のパケット料金無料化を発表しました。

ドリーム・トレイン・インターネット社も自社で展開している「DTI SIM」に於いて、「Pokémon GO」利用時のデータ通信料金を1年間課金しない「DTI SIM ノーカウント」を発表しています。

変わり種として、日本通信社は「Pokémon GO」専用のプリペイドSIMを発売すると発表しました。

30日間、または1GBまで利用でき、上限に達した場合は追加チャージできるものとなっている様です。

ただ、「専用」となっていて、それ以外の利用が制限されている仕様みたいなので、どの程度認知されるか未知数な部分もありそうです。

残念

アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドから提供された「Pokémon GO」ですが、提供開始から様々な国に拡がっています。

しかし、何故か出身国である日本で提供されていませんでした。

日本向けには、十分なサーバーを構築できていないとしてサービス提供が遅れている状況でした。

しかし昨日(7/19)、7月20日に日本で展開されるらしいよとの報道があったため、浮ついた状況にもなっています。

またまた、しかし・・・。

明けて7月20日になっても状況は変わっていませんでした・・・。

ポケモンサイトでは「2016年サービス開始予定!」との文字のまま。

実はサービス開始予定は本当の様でしたが、リークがあったために、リスク回避により延期になった模様。

開発元CEOの話しでは「7月末までに提供したい」と発言があった様なので、もうしばらく待つことになりそうです。

最終的には世界200ヶ国(あれ?そんなにあるかな・・・)で提供されるとのことなので、地球規模で旋風が巻き起こりそうです。

「Pokémon GO」については、もう少し追っていきたいと思います。