Category Archives :ブラウザ

モバイルの今

米国の市場調査会社IDCは、2016年の世界のスマートフォン出荷台数は約14億8000万台で、前年からの伸びはわずか3.1%にとどまる見通しだと発表しました。

この伸び率が1桁台でとどまるのは統計開始以来初めてのことです。

地域別でみると米国・西欧・中国で1桁台の伸びで、日本は6.4%減少。

今後は出荷台数の伸びは見込めないことから、いかに端末の買い替え周期を短くしていくかということが重要になります。

端末メーカーは厳しい戦いを強いられることになりそうですが、それは広告でも同様です。

アイルランドのページフェアによると、初期設定で広告を遮断するブラウザを利用している人は昨年の約2倍に達し、世界のスマートフォン利用者の約22%にあたると公表しています。

日本では利用者が少ないですが、広告を遮断するブラウザ利用は主にアジアで多く、広告遮断ブラウザをプリインストールした新型スマートフォンの販売も計画されているほどです。

こうした広告遮断ブラウザの利用による昨年1年間の経済損失は、なんと218億ドル(約2兆4000億円)とも言われています。(米のザ・バージの記事による)

さらに現在は堅調と言われるモバイルアプリ市場も、5年後にはインストール件数の伸びが鈍化すると予測されているため、モバイル関連のビジネスは方向転換の時期を迎えているのかもしれません。

5年後にはまだ見ぬサービスや端末が誕生している可能性もありますね。

Chromeが首位に…

米調査会社ネット・アプリケーションズは、PC用のインターネット閲覧ソフト(ブラウザー)市場で、米Googleの「Chrome」が先月初めて首位になったと発表しました。

これまでは米Microsoftの「Internet Explorer(IE)」が1990年代末から常に首位を獲得してきましたが、ついに逆転されてしまいました。

 
具体的な4月の世界シェアはChromeが41.66%でIEが41.35%だそうです。(新型ブラウザーの「Edge」はIEとしてカウントされています。)

browser_share

 

Chromeは2008年に登場し、今ではandroidのスマートフォンやタブレットの多くに標準搭載されています。

お気に入りや拡張機能などが自動的に同期される使い勝手の良さが支持されたことにより、着実にシェアを拡大させてきました。

たしかに、この数年でモバイル・PCの両方でChromeを利用する人が多くなりましたね。

まだまだ勢いは止まりそうにありませんが、2012年に別の調査会社が「ChromeがIEを超えた!」と発表した際は「利用動向を正確に反映していない」と反論したMicrosoft。

「Windows 10」に新ブラウザ「Edge」を搭載して巻き返しを図っている最中ではありますが、獲得した41.35%のシェアのうちEdgeユーザーが占めたのは4.39%分に過ぎないという結果も出ているので、なかなか苦しい展開のようです。

この結果を受けて、どのような反応をするのか…気になるところです。

Safariの不具合

前回の記事のまさに当日、iOS端末の標準ブラウザのSafariで不具合が発生しました。

例えば、iPhoneでSafariのアドレスバーをタップするとSafariが落ちてしまうというものです。

機種やOSに依存せず発生する様なので、厄介です。

この不具合は検索候補が有効になっていると発生する様で、キャッシュデータ処理のバグが起因の様子です。

問題の回避はSafariの「検索候補」(または「Spotlightの検索候補」)を「オフ」にするか、「履歴データ」を「削除」で、これにより発生しなくなります。

この事象に対し、Apple社は修正を行った様で、現在は発生が収まった模様です。

前回では、ある特定のサイトに関するJavaScriptの仕業でしたが、偶然にもSafariで違う原因の不具合が発生してビックリしました。

Apple社からの不具合だとすると、防ぎようがないので何とも大変です。

外国語を手軽に

先日、学研プラスとeラーニングを展開するライトワークスは、小中学生向けのオンライン英会話サービス「OLECO(オレコ)」の提供開始を発表しました。

oleco

レッスンはフィリピンにいる外国人教師とのマンツーマン形式でPCやタブレットのカメラ機能を使用し、学校の授業進度に応じて聞く力と話す力の習得を目指しています。

 
英語の学習法としてオンライン英会話はずいぶん普及していますね。
外国人教師の日本語能力が低いと、初級で英語を学習する人が困るケースもでてきますが…それでも英語教室に通うよりずっと安価で時間を気にせず学習できるというメリットは大きいと思います。

 
近年は「手軽に外国語を学ぶ」方法が多種多様になりましたが、スマートフォンの外国語学習アプリもそのうちの1つです。

 
既に2013年には外国語学習アプリ「Duolingo」が最優秀iPhoneアプリに選ばれています。

 
この外国語学習アプリの勢いは2016年も衰えず、今月発売のビジネス雑誌にも英語学習アプリの特集がされていました。

 

日本人向けの外国語学習が進化する一方で、海外観光客向けの案内も多言語対応に向けて動き出しています。

アクシスインターナショナルは、感情認識型パーソナルロボット「Pepper」の受付・案内サービスの提供を発表しました。

pepper

音声とタブレット機能を用いて中国語・英語・韓国語・アラビア語などで、来訪者の求める情報をすばやく提供できます。

 
商業施設や観光地での多言語対応スタッフ不足の解消や、リピーターの増加も期待できますね。

ちなみにMobiControlは、株式会社栄光様が「栄光ゼミナール」でご利用のiPad miniへ導入されています。

学習法の多様化に伴って、MDM活用の場も広がっていますね。

IEのサポート期限

Microsoftは米国時間の1月12日、2016年のセキュリティアップデートを開始しました。

このアップデートで「Windows8」と「Internet Explorer 8」、「Internet Explorer 9」、「Internet Explorer 10」のサポートも終了します。

(Internet Explorerは、以下IEと表記)

今まではWindowsOS本体のサポート終了日まで、いずれのバージョンのIEもサポートが継続されていましたが、今後サポートされるIEは最新版のみになりました。

 
サポートが終了するとセキュリティ更新プログラム(セキュリティパッチ)の無償提供が終了し、新たに見つかったセキュリティ上の脆弱性も放置されてしまうため、最新版IEにアップグレードするか、セキュリティサポートが提供されている他のWebブラウザへ移行する等の対策は必須です。

各WindowOSで利用できるIEのバージョンについては、下の表を参考にしてください。

ie_support

 

この表はESETがセキュリティブログに掲載した記事「Microsoft ends support for old Internet Explorer versions」に掲載されていたものです。

左側がOSで、右側が2016年1月のアップデートでサポートされているIEです。

 
ちなみにWindows Vistaでの「IE 9」のサポートは2017年4月まで、Windows Server 2008での「IE 9」のサポート期間は2020年1月までなので、サポート終了時期は目の前ですね。

 
Windows Vistaは昨年末のデスクトップOSシェアのTOP10に入っており、ユーザーは減少傾向とはいえ一定数いますので、サポート終了期限には気を付けてもらいたいものです。

 

しかし既に現段階でVistaユーザーだけでなく、全IEユーザーが「ブラウザは常に最新版を利用すること」を意識することが重要ですね。