Category Archives :リモート

ブラウザーの利用もガラパゴス?

普段お使いのウェブブラウザーは何でしょうか。

今や個人生活や業務遂行に欠かせない「インターネット」ですが、この概念は1960年頃に確立します。

縦横無尽にネットワーク化されていることから「World Wide Web」(全世界的な蜘蛛の巣)と呼ばれたりします。

1960年後半にアメリカで研究機関間のネットワークとしてスタートした「インターネット」は1984年に日本でも接続され、1989年にはアメリカで商用も始まり、様々なモノに繋がっている今の状況に至っています。

今では様々な機器やアプリケーション、プログラムが「インターネット」にぶら下がっていますが、インターネット接続に於いて最も利用されているのは「ウェブブラウザー」ではないでしょうか。

「インターネット」の黎明期では、まだ「ウェブブラウザー」は登場していませんでしたので、とても利用しにくいものでした。

1980年代に入り、ようやくウェブブラウザーの概念が立ち上がり、1990年になって初のウェブブラウザーとして「WorldWideWeb」が登場します。

この「WorldWideWeb」は「インターネット網」を表す「World Wide Web」と紛らわしいため、「Nexus」と改称されました(Google謹製のAndroid機「Nexus」シリーズとも紛らわしいですね)。

また、1991年には世界で初めてのウェブサイトが開設されています。

その後、洗練されたブラウザーとして「Mosaic」が登場すると、インターネットの利用者は一気に増加します。

更に、「Netscape Navigator」が登場すると、圧倒的な利用率となり、ブラウザーといえば「Netscape Navigator」という時代が到来します(AOLに吸収され、今では見る影も無いですが・・・netscape.netは残っています)。

1995年になって、OS「Windows」の爆発的な利用が進むと、バンドルされていた「Internet Explorer」(IE)とのブラウザー戦争の様相となりました(欧州ではバンドルが問題視されたこともありました)。

そして、15年後。

Browser_WorldWide_2010July
Data by StatCounter
ブラウザーのシェアは「IEが52.68%」のトップで、「Firefoxの30.69%」が2位となり、登場間もない「Chromeが9.88%」で3位となっています。

今の状況はどうでしょうか。

Browser_WorldWide_2015July
Data by StatCounter
「Chrome」が過半数を超える「52.32%」となり、5年前のIEの状態になっています。

一方の「IE」は「19.56%」で2位となっていますが、「Firefox」に抜かれる日も近いかもしれません。

世界的には、めまぐるしい交代劇になっています。

一方、日本では・・・。

Browser_Japan
Data by StatCounter

最新の状況で「IE」が「41.31%」でトップとなり、「Chrome」が「34.86%」で2位、「Firefox」が「14.66%」で3位となっています。

未だに「IE」が強い日本はやはり「ガラパゴス」でしようか。

因みに「MobiControl」ではモバイル端末へのリモート操作時にブラウザーの「プラグイン」を利用しますが、「Chrome」ではプラグインの無効化を進めているので注意喚起を行っています(他のブラウザーでは影響なく、リモート操作が可能です)。

Android端末へのリモート操作

MDMを選定する際の「視点」は何でしょうか。

「セキュリティ」を切り口にすることがほとんどかと思いますが、それで足りるでしょうか。

業務にモバイル端末の利用を考えだしてから、少しずつの導入に始まり、やがて管理が煩雑になる台数になってきます。

モバイル端末に不具合が出た場合を考えると、如何に業務に支障なくスムーズに修正を行うかも重要なポイントとなります(多くの拠点で端末を運用している企業では特に)。

従来の様に拠点/現場に行ったり、拠点/現場から端末を送付してもらったりしているとその間の業務が滞ることになります。

MobiControl」は一般的なMDMの様に「セキュリティ」だけではなく、モバイル端末の「運用」を考えた、真の「EMM」(Enterprise Mobility
Management)です。

端末をセキュアに保つとともに運用の際に出てくる課題を迅速に解決することが可能です。

「MobiControl」なら、遠隔操作により管理画面に端末を映し出し、遠隔地にある端末を直接操作することが可能です。

Kyocera_Remote
例えば、不具合の出たアプリを端末へのリモート操作によりチェックや修正ができるので、すぐに業務復帰ができ、ダウンタイムの大幅な削減も可能となります。

モバイル端末のセキュリティ確保のみならず、効率的な運用、サポート業務の円滑化や工数低減を実現するツールが「MobiControl」です。

Android端末へのリモート操作に関するご不明点/ご質問は
support@pol-japan.co.jp
まで

MobiControlのご導入については
sales@pol-japan.co.jp
までお問い合わせ下さい。

リモート操作時のプラグイン

MobiControlではAndroid端末、ハンディターミナルなどのWindows CE/Mobile機、Windows PCへのリモート操作やiOS端末へのリモートビュー機能を利用する際にプラグインを利用します。

管理コンソールはマルチブラウザ対応なので、それぞれのブラウザ利用の際に一度だけプラグインをインストールして、リモート操作やリモートビュー機能を利用します。

Chromeについては、2013年の9月に「NPAPIのサポート終了についてのお知らせ」を発表しており、NPAPIのアーキテクチャは、ハングやクラッシュ、セキュリティ上の問題、コードの複雑化を生む主要な原因の1つとなっているため、NPAPIのサポートを今後1年間をかけて段階的に廃止するとしていました。

廃止の期限は延長となっていますが、大手サービスの使用される頻度が高い少数のプラグインはホワイトリストに入っており、デフォルトで許可されていましたが起動頻度も下がって、廃止に向け進んでいました。

そして、先日。

Chromeのバージョンが「42」に上がると共に、「NPAPIプラグイン」の効力がデフォルトで「無効」になりました。

NPAPI
経過措置として「chrome://flags/#enable-npapi」からNPAPIプラグイン設定を呼び出すことで、「有効」にすることが出来ます。

しかし、この経過措置も2015年9月には完全にNPAPIのサポートを終了し、NPAPIプラグインを必要とする拡張機能は起動することができなくなります。

プラグイン利用については他のブラウザでは影響がまだありませんが、MobiControl上でChromeを利用してリモート操作を行う場合は注意が必要です。

他のブラウザにも波及する可能性もあります。

ChromeによるNPAPIプラグインの無効化ついては、MobiControlのサイトでもアナウンスしています。

引き続きChromeを利用する場合の対応については追ってお知らせしたいと思います。

Android向け便利なクラウドサービス

ご存知の通り、Android端末のOSはGoogleが開発しているため、Googleのクラウドサービスとの親和性に富んでいます。

例えば、Gmailのアドレスブックに連絡先を登録しておけば、端末を交換しても同期させるだけで、端末に連絡先が取り込まれます。

最も、Gmailのメール自体も同期されるので端末やPCなど、どこからでも確認や送信が可能なので、便利です。

そんな便利機能が色々とあります。

○端末を探す。

Screenshot_2015-04-16-18-16-54
盗難や紛失により端末が手元にない、という状況ではPCから「Androidデバイスマネージャー」で対応できます。

端末内の「Google設定」で予め「Androidデバイスマネージャー」利用の許可をしていれば、端末の位置情報をPC上のGoogle Mapに表示させることや端末に音を鳴らせる事も可能です。

更に、ロックやワイプ(工場出荷状態化)を行うことも可能です。

○アプリのインストール

PCでGoogle Play Storeにアクセスすれば、アカウントに紐付いた端末に対し、アプリのサイレントインストールが可能です。

端末のGoogle Playアプリからのインストールだと、インストールの許可ポップアップが表示されてしまうので、「サイレント」でインストールできるのは便利です。

複数の端末で、同じアカウントを利用していれば、その台数がPCでのGoogle Play Storeに表示されるので、インストールアプリの使い分けも可能です。

○端末情報

Google_Dashboard
端末に登録しているアカウント情報をPCで確認するにはGoogleの「アカウント設定」でできますが、この中の「アカウントツール」に「ダッシュボート」機能があります。

ここで「Android」を選択すると、登録されている端末情報が表示されます。

表示される項目は端末固有番号(IMEI)、通信キャリア、アクティビティ(ログイン状態)など。

もちろん、端末モデルやメーカー情報もあります。

○位置情報

「Androidデバイスマネージャー」で現在位置の把握も可能ですが、Googleのサービスである「ロケーション履歴」を利用すれば、端末の「移動履歴」の取得と表示が可能です。

旅行に行ったときなど、後からどこを巡ったかを知るためには便利なツールですね。

因みに「MobiControl」は早くからAndroid端末の対応を済ませており、ここで採り上げた「端末の現在位置把握」「端末の移動履歴」「アプリのインストール」「端末情報の表示」の全てをカバーしています。

また、アカウントごとの管理では煩雑になってしまう場合も分けて、「グループ」という概念でツリー構造をもって管理が可能です。

更に、リモート操作が可能なので、遠隔地にある端末も管理者の手元で操作可能で、運用効率が圧倒的に向上します。

管理体系も「SaaSサービス」と「オンプレミス」を用意しています。