Category Archives :Android Wear

スマートウォッチの今年はどうなるか

2016年の頭辺りまで、スマートウォッチには勢いがついていると思っていました。

2014年に発表、発売となった「Apple Watch」や「Android Wear」搭載のスマートウォッチが2016年に入ると、カシオ製「WSD-F10」、TAG Heuerの「CONNECTED」や「Pebble」など魅力的なデバイスが登場しました。

しかし、2016年も終わりになってくると、状況が明らかに。

「Apple Watch」は2015年の390万台出荷から、2016年には110万台出荷と前年比「-71.6%」の減。

スマートウォッチ全体でも、2015年の「560万台出荷」から2016年の「270万台出荷」へと半分以上の減少

「Pebble」は活動量計メーカーの「Fitbit」に買収される始末。

このまま「なかった」ことになってしまうのか、と心配な状況です。

ところが、まだまだとばかりにApple WatchのOSである「watchOS」は「3.2」が開発者向けに出てきました。

映画館での鑑賞中に不意な動作をさせない「シアターモード」が搭載される様です。

また、「Android Wear」搭載のスマートウォッチではGoogleがLGと共同で開発を進めているといわれているデバイス「LG Watch Style/LG Watch Sport」も間もなく登場しそうです。

「LG Watch Style/LG Watch Sport」は「Android Wear」の次バージョンに合わせた登場と見込まれるので、OSの登場も近々でしよう。

兎も角、大元のOSメーカーから新しいOSと新しいデバイスの情報が入ってきているので、少し安心しました。

バッテリーがよく持ち、使い勝手のいいデバイスが望まれます。

これらのOSではないですが、中華デバイス(スマートウォッチ?)ではAndroid OSをそのまま載せたモノが多くあります。

中には、SIMによる直接通信やカメラが搭載されたデバイスも。

こういったデバイスの中には、「MobiControl」で管理可能(しかも、リモートコントロールができる!)なものもあり、利用方法によっては「ワクワク」できそうです。

これらのデバイスも「変わった」スマートウォッチとして認識されてくると面白いのですが。

小型なデバイス

2014年9月、衝撃的に発表された「Apple Watch」は2015年4月に発売されました。

この発表に先立つ、2014年6月には「Google I/O 2014」でAndroid Wear搭載のスマートウォッチが「LG」「Samsung」「Motorola」から発売されると発表され、同月「LG G Watch」が発売されました。

この年から、スマートウォッチの新たな幕開けとなり、「Apple Watch」をはじめ「Android Wear」搭載のスマートウォッチは多くのメーカーから発売されています。

最近ではCasio社からアウトドア用途に特化したAndroid Wear搭載ウォッチの「WSD-F10」が発売されたり、
Casio

高級時計を発売している「TAG Heuer」がやはり高価格帯となるAndroid Wear搭載ウォッチの「CONNECTED」を発売し、
Heuer

さらなる拡がりを見せています。

また、スマートウォッチの分野では、上記2OS以外で検討している「Pebble」も人気を博していて、次なるモデルに向けクラウドファンディングで資金を募っていましたが、あっという間に目標額を突破して、今ではその数倍の額になっています。
Pebble

時計型とはちょっと違った「ウェアラブルデバイス」もあります。

元々、2015年3月に発売しているデバイスですが、「ワイヤレスジャパン2016」でも出展していました。

BIGLOBEの「BL-01」です。
BL-01

小さな筐体なりに特化した使い方が出来そうなデバイスで、対象も「法人」となっています。

ウェアラブルの活用

このところ、「ウェアラブル」についての記事が続いている様な気がしますが、ウェアラブルという装着可能な範囲が拡がることで、色々な使い方も見えてきました。

スマートデバイスがある一定の年齢層に利用され、活用が一通り済んだ今、さらに下の年齢層に対応を拡げています。

アメリカのクラウドファンディングでは子供向けの「スマートウォッチ」として「dokiWatch」に対する資金提供を呼び掛けています。

親も安心な「スマートウォッチ」です。

同様な動きが日本にも出てきました。

外出する子供に「防犯ブザー」を持たせる家庭も多いでしょう。

この防犯ブザーが「スマート」になると、もっと便利になるはずです。

KDDIは子供の安全と保護者の方の安心をサポートするキッズウォッチ「mamorino Watch」(マモリーノ ウォッチ)を発表しました。

mamorino

腕時計型ということもあり、IPX5/IPX7の防水、IP5Xの防塵性能を有し、タッチ操作に対応した画面や音声認識、VoLTEによる音声通話も可能です。

当然、防犯ブザーを搭載し、もしもの場合には居場所の通知や登録した緊急連絡先に音声発信も可能になっている様です。

音声発信により、周囲の「音」の確認も行えるので、安心感が高まります。

モノとしては中国/ZTE製で1.4インチのディスプレイに410mAhの電池容量、約68gの重量。

待ち受けだけなら、約130時間とそこそこロングライフ。

小さな子供の腕では大きすぎるかと思いますが、その場合はペンダントとしての利用も可能です。

スマホ用アプリ「mamorino Watchナビ」との連携で、家庭の安心がぐっと高まります。

端末料金は未定とのことですが、対応した料金プランは無料通話が付いていても廉価なものになっているので、導入しやすいのではないでしょうか。

海外と国内の「安心」を届けるデバイスでした。

安心なウェアラブル

今やすっかり、スマホやタブレットが必需品となっていますが、一通りの普及が進んだのか近頃では「モバイル」から「ウェアラブル」へシフトしている様です。

2015年4月にApple Watchが発売されてから、注目の高い分野となっています。

Androidのスマートウォッチとなる「Android Wear」搭載の時計はApple Watchの約1年前、2014年6月に発売されました。

「Android Wear」が先行していましたが、「Apple Watch」が発売されると、あっという間に歴史が塗り替えられてしまっています。

しかし、Android Wearは多くのメーカーが発売を試みています。

スイスの高級腕時計メーカーの「TAG Heuer」からもAndroidのスマートウォッチが発売されています。

TAGHeuer

「CONECTED」です。

同社発売の「Carrera」(カレラ)をモチーフにした、とても興味あるスマートウォッチです。

子供向けウェアラブル、スマートウォッチも登場しそうです。

dokiwatch

「dokiWatch」です。

子供向けながら、通話やメッセージ、ビデオを利用したメッセージや会話も楽しめます。

GPS機能を利用した位置情報の把握も可能なので、外出した子供の現在位置を知ることもできます。

また、セキュリティ面では「非常ボタン」を押すことで、予め設定した先に現在位置の情報とともに周囲の音声データを通知、位置情報は1分間隔で更新を行い、親にも安心な機能が備わっています。

この様なガジェットを小さいうちから触っていると、デジタルモノの親和性がより高くなるかもしれません(もっとも、タッチや音声コマンド指示で物理キーボードの使い方が分からない世代が出てきそうですが)。

子供向け防犯ブザーが流行っている様なので、よりスマートなこの様なモノが受け入れられるかもしれません。

年初の気になるモノ

G-SHOCK」シリーズの腕時計で有名な「カシオ計算機」ですが、様々な時計を販売しています。

以前にも「チプカシ」というジャンルとして国内だけでなく、海外でも人気が出ていることを記事にしています。

MobiControlでパートナーにもなって頂いています。

最近は「ウェアラブル」として「Apple Watch」やAndroid OS搭載の「Android Wear」といった「スマートウォッチ」が登場し、新たな世代に突入しています。

年頭にあたって、素晴らしいニュースが舞い込んできました。

アメリカ/ラスベガスで2016年1月6日から1月9日(現地時間)の期間に開催されている、コンシューマ・エレクトロニクス分野では世界最大の見本市の「CES」(Consumer Electronics Show)に出展している「Casio USA」では新製品を発表しました。

スマート・アウトドア・ウォッチの「WSD-F10」です。

WSD-F10

ウェアラブル端末向けのAndroid OSである「Android Wear」を搭載し、1.32インチのディスプレイは解像度320pix × 300pix。

5気圧防水とMIL規格(アメリカ軍向けの調達に用いられる規格)であるMIL-STD-810Gに準拠と、G-SHOCKを思わせる堅牢性を保持しています。

目を見張る技術としては、液晶画面が「カラー」と「モノクロ」の2層となっている部分です。

この技術により、時間表示は「モノクロ」液晶に表示させることで、電池寿命を「1ヶ月以上」持たせることが可能となります。

スマートウォッチとしての使い勝手はAndroid 4.3以上またはiOS8.3以上のスマホに対応し、圧力(気圧/高度)センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、方位(磁気)センサーを搭載、Wi-Fi(IEEE 802.11b/g/n)およびBluetooth v4.1の通信機能を搭載。

「CASIO MOMENT SETTER+」のインストールにより、「Android Wear」標準アプリの他、「トレッキング」「サイクリング」「フィッシング」に必要な情報が素早く取り出せます。

PRO TREK」がスマートウォッチとして、より強力になった感じです。

スマート機能の利用でも「1日以上」のバッテリー持ちとのこと。

予想価格もそれほど高くない(PRO TREKと同程度?)ので、今後の発売が非常に待たれる端末です。

発売は「4月以降」とのことなので、楽しみに待ちたいと思います。