Category Archives :Apple Watch

スマートウォッチの今年はどうなるか

2016年の頭辺りまで、スマートウォッチには勢いがついていると思っていました。

2014年に発表、発売となった「Apple Watch」や「Android Wear」搭載のスマートウォッチが2016年に入ると、カシオ製「WSD-F10」、TAG Heuerの「CONNECTED」や「Pebble」など魅力的なデバイスが登場しました。

しかし、2016年も終わりになってくると、状況が明らかに。

「Apple Watch」は2015年の390万台出荷から、2016年には110万台出荷と前年比「-71.6%」の減。

スマートウォッチ全体でも、2015年の「560万台出荷」から2016年の「270万台出荷」へと半分以上の減少

「Pebble」は活動量計メーカーの「Fitbit」に買収される始末。

このまま「なかった」ことになってしまうのか、と心配な状況です。

ところが、まだまだとばかりにApple WatchのOSである「watchOS」は「3.2」が開発者向けに出てきました。

映画館での鑑賞中に不意な動作をさせない「シアターモード」が搭載される様です。

また、「Android Wear」搭載のスマートウォッチではGoogleがLGと共同で開発を進めているといわれているデバイス「LG Watch Style/LG Watch Sport」も間もなく登場しそうです。

「LG Watch Style/LG Watch Sport」は「Android Wear」の次バージョンに合わせた登場と見込まれるので、OSの登場も近々でしよう。

兎も角、大元のOSメーカーから新しいOSと新しいデバイスの情報が入ってきているので、少し安心しました。

バッテリーがよく持ち、使い勝手のいいデバイスが望まれます。

これらのOSではないですが、中華デバイス(スマートウォッチ?)ではAndroid OSをそのまま載せたモノが多くあります。

中には、SIMによる直接通信やカメラが搭載されたデバイスも。

こういったデバイスの中には、「MobiControl」で管理可能(しかも、リモートコントロールができる!)なものもあり、利用方法によっては「ワクワク」できそうです。

これらのデバイスも「変わった」スマートウォッチとして認識されてくると面白いのですが。

Apple! Apple! Apple! 2016

日本時間の2016年9月8日午前2時、アメリカ/サンフランシスコにて「スペシャルイベント」を開催しました。

apple_02

直前に、もうそろそろとお知らせしていましたが、やはり色々と気になるイベントとなりました。

iphone7

iPhone。

新しいiPhoneとしてiPhone 7/iPhone 7 Plusが発表されました。

綺麗な「黒」が美しいです。

筐体も強硬となり、IP67防水・防塵対応と、雨の日も安心して使えます。

当然、チップセットやRAM容量が向上し、より快適サクサクになってます。

iPhone 7 Plusのカメラは広角レンズと望遠レンズを搭載したデュアルカメラとなり、奥行き感のある写真が撮れる様になりました。

注目はヘッドホン端子を失くし、Lightningによる接続へ変更となりました。

airpods

同時に、「ワイヤレス」なイヤホン、「AirPod」も発表。

満充電で連続「5時間」再生でき、ケースが充電機能を持っています。

「無くしそう」と早くも声があがって・・・

applepay

日本向けのサービスとして「Suica」対応に。

NFCとの排他利用となる様で、Suicaは日本でしか利用できないので、海外利用では切り替える必要がある様です。

apple_watch

Suicaも利用可能な「Apple Watch 2」も発表です。

「Watch Series 2」では50m防水仕様になり、プールで泳いでも大丈夫。

また、GPS機能が付いたのでiPhoneを必要としなくなりました。

ということで、「Pokemon Go」にも対応です。

盛りだくさんの発表となった「スペシャルイベント」ですが、新しいiPhneについては本日(9月9日)から予約受付開始で、発売日は9月16日です。

小型なデバイス

2014年9月、衝撃的に発表された「Apple Watch」は2015年4月に発売されました。

この発表に先立つ、2014年6月には「Google I/O 2014」でAndroid Wear搭載のスマートウォッチが「LG」「Samsung」「Motorola」から発売されると発表され、同月「LG G Watch」が発売されました。

この年から、スマートウォッチの新たな幕開けとなり、「Apple Watch」をはじめ「Android Wear」搭載のスマートウォッチは多くのメーカーから発売されています。

最近ではCasio社からアウトドア用途に特化したAndroid Wear搭載ウォッチの「WSD-F10」が発売されたり、
Casio

高級時計を発売している「TAG Heuer」がやはり高価格帯となるAndroid Wear搭載ウォッチの「CONNECTED」を発売し、
Heuer

さらなる拡がりを見せています。

また、スマートウォッチの分野では、上記2OS以外で検討している「Pebble」も人気を博していて、次なるモデルに向けクラウドファンディングで資金を募っていましたが、あっという間に目標額を突破して、今ではその数倍の額になっています。
Pebble

時計型とはちょっと違った「ウェアラブルデバイス」もあります。

元々、2015年3月に発売しているデバイスですが、「ワイヤレスジャパン2016」でも出展していました。

BIGLOBEの「BL-01」です。
BL-01

小さな筐体なりに特化した使い方が出来そうなデバイスで、対象も「法人」となっています。

スマホとウェアラブル端末の今

世界各国のスマートフォンの普及率は高水準で、今後世界のスマートフォン市場はかつてのような2桁成長は見込めないと、英国の市場調査会社カンター・ワールドパネルが先日発表しました。

smartphone

 

スマートフォンの普及率は米国で65%、欧州(英国、ドイツ、フランス等)の平均は74%となり、世界最大の市場である中国でも、都市部では72%に達しています。

 
既にスマートフォンを持つ人が増え、スマートフォンユーザーに買い替えを促すか、フィーチャーフォンを利用するユーザーがスマートフォンに乗り換えてもらうか…という厳しい状況になってきました。

 

一方で、ウェアラブル機器市場は好調なようです。

 

米国の市場調査会社IDCの発表によると、昨年10~12月におけるウェアラブル機器の世界出荷台数は2740万台となり、前年同時期から126.9%増加しました。

 
また、昨年の1年間の出荷台数は7810万台となり、前年比だと171.6%の増加ということでした。

 
ウェアラブル端末のユーザーはまだそこまで多くない印象ですが、市場は盛り上がっているようですね。

 
現在のメーカー別出荷台数としては米フィットビット(Fitbit)が首位で、次いで米アップル、中国シャオミ、韓国のサムスン電子という並びです。

 

スマートフォンでも上位にくる企業が多く、スマートフォンやタブレットの出荷台数減少やマイナス成長を補いたいという目論見もあるようです。

 

今後のウェアラブル市場について、IDCのジテッシュ・ウブラニ氏は「現在の上位メーカーの人気製品は、いずれもスマートウオッチとリストバンド型のどちらかだが、ウエアラブルはこれら手首に付けるタイプに限らないことも注目すべき点だ」と指摘しています。

 

衣服に取り付けるタイプや靴に取り付けるタイプ、メガネ型のアイウェアタイプなど、ウェアラブルの在り方は今後大きく変わり、ますます発展していきそうです。

安心なウェアラブル

今やすっかり、スマホやタブレットが必需品となっていますが、一通りの普及が進んだのか近頃では「モバイル」から「ウェアラブル」へシフトしている様です。

2015年4月にApple Watchが発売されてから、注目の高い分野となっています。

Androidのスマートウォッチとなる「Android Wear」搭載の時計はApple Watchの約1年前、2014年6月に発売されました。

「Android Wear」が先行していましたが、「Apple Watch」が発売されると、あっという間に歴史が塗り替えられてしまっています。

しかし、Android Wearは多くのメーカーが発売を試みています。

スイスの高級腕時計メーカーの「TAG Heuer」からもAndroidのスマートウォッチが発売されています。

TAGHeuer

「CONECTED」です。

同社発売の「Carrera」(カレラ)をモチーフにした、とても興味あるスマートウォッチです。

子供向けウェアラブル、スマートウォッチも登場しそうです。

dokiwatch

「dokiWatch」です。

子供向けながら、通話やメッセージ、ビデオを利用したメッセージや会話も楽しめます。

GPS機能を利用した位置情報の把握も可能なので、外出した子供の現在位置を知ることもできます。

また、セキュリティ面では「非常ボタン」を押すことで、予め設定した先に現在位置の情報とともに周囲の音声データを通知、位置情報は1分間隔で更新を行い、親にも安心な機能が備わっています。

この様なガジェットを小さいうちから触っていると、デジタルモノの親和性がより高くなるかもしれません(もっとも、タッチや音声コマンド指示で物理キーボードの使い方が分からない世代が出てきそうですが)。

子供向け防犯ブザーが流行っている様なので、よりスマートなこの様なモノが受け入れられるかもしれません。