Category Archives :Cloud

Googleでより便利に

Gmail、Googleカレンダー、GoogleドライブなどGoogleは無料のサービスを提供していますが、これらの企業向けとなるサービスが「Google Apps for Work」です。

この「Google Apps for Work」が「G Suite」という名称へ変更となりました。

この変更に伴い、GoogleはG Suiteの紹介というブログを開設しています。

この中で「G Suite」は「Gmail、ドキュメント、ドライブ、カレンダー、ハングアウトなどのインテリジェントなアプリケーション群の総称」で、「G Suite」があれば「情報はデバイス、アプリケーション、人々、チームの間を自由に飛び交い、素晴らしいアイデアが取り残されること」はないとしています。

また、この名称変更に合わせ、人工知能(AI)の技術をG Suiteに導入したことも発表されています。

企業向けとなるため、基本的に「有料」利用することになりますが、導入により、シームレスな業務も可能になります。

また、利用される「Google Account」ではAndroid端末の管理機能も充実し、「Android for Work」により、端末のプライベート利用と業務利用を分けることが可能になります。

つまり、個人の端末であっても「Android for Work」を利用すれば、「業務利用部分だけ」の管理ができます。

「MobiControl」はこの「Android for Work」にいち早く対応していますので、「G Suite」と「Android for Work」により、手軽で効率的な業務遂行と端末管理が実現します。

MobiControlで実行可能なAndroid for Work向け機能はMDMの基本的な機能にくわえ、
・カメラの禁止
・スクリーンキャプチャの禁止
・コピペの禁止
・アプリの強制配布
・アプリインストール制限
・SDカード利用制限
・USBデータ転送制限
・ブラウザ制御
・マルウェア対策
・ウェブフィルタリング
など

MobiControlでの「Android for Work」利用については

sales@pol-japan.co.jp

までお問い合わせ下さい。

無料でも

最近はネットワーク接続時のデータ通信速度も向上し、モバイルデバイス活用でも4G(LTE-Advanced)だと現状でも最大300Mbpsとなります。

今後は更にスピード化が進みます。

データの受け渡しにイライラ感がなくなりました。

そこで良く活用されるのが「クラウドストレージ」サービスです。

「Dropbox」「Google Drive」「OneDrive」「iCloud Drive」「Yahooボックス」「Amazon Cloud drive」など無料で利用できるサービスがたくさんあります。

その中でも「OneDrive」(旧名SkyDrive)は無料で「15GB」までの保存容量があり、使い勝手が大きいサービスでした。

その「OneDrive」がサービス提供内容の改悪を行うとのこと。

もっとも、この「改悪」の発端は「保存容量無制限」にかこつけて、特定のユーザーが1人で75TBもの容量を専有していたために起こりました。

現在無料で保存できる容量が「15GB」から「5GB」へ変更となります。

この変更は2016年の早い段階から実施されますが、1年間は超過分データへのアクセスが保障されるとのこと。

「容量無制限」だった「Office 365」ユーザーは「1TB」の容量制限となります。

どの端末からでも手軽にアクセスできる「クラウドストレージ」はとても便利なサービスです。

無料枠が1/3に減ってしまうのはなんとも残念でなりません。

「保存容量無制限」とはいえ、ほどほどにしないと結局、サービスの低下として利用者に跳ね返ってしまいます。

残念なお知らせでした。