Category Archives :Device

カシオ計算機社主催「IT-G400発表セミナー」の開催

業務用Android端末が注目される中、国内メーカー様でも    続々と業務用デバイスが発表されております。

そのうちの1社であるカシオ計算機株式会社による      新製品「IT-G400」の発表セミナーが先日開催されました。

CIMG8683

新製品の紹介は勿論、数々の企業様が講演をされている中   適切な端末管理ツールとしてMobiControlについても講演   させていただきました。

IMG_0541

IMG_0540

カシオ計算機社では、今回の新製品「IT-G400」以前にも様々なAndroid端末を提供しており、導入企業様も多くいらっしゃいます。実際にそのような端末の管理として、MobiControlが採用 され、多くのお客様にご利用頂いております。

セミナーでは、実はあまり知られていない「Android端末を管理 する上で大事な3つの要素」を中心にお話をさせていただきました。皆様はこの3つがお分かりになりますでしょうか。

1つ目は、セキュリティーです。               ロック・初期化・マルウェアからの保護、それだけでは端末の セキュリティも担保で来ません。

2つ目は、運用保守性です。                 端末の資産管理・一括端末設定、それだけで運用保守の効率が 上がるのでしょうか?

そして3つ目は、拡張性です。               次々と新しい機能やアプリが増えていく中、それ対応していく インフラが必要です。そしてそれを管理者様の負担無くできる 運用方法を実現する必要があります。

MDMを選定する管理者の方は、なぜMobiControlが選ばれるのか気になりませんか。その理由を是非セミナー会場で知って、実感してみてはいかがでしょうか。

この後も名古屋・大阪・福岡の3会場で講演を予定しております。ご興味をお持ちの方は是非お申込み頂ければと思います。

当日会場に来られなかった方もご安心ください。       お問合せ頂ければ当日の資料をお渡しさせて頂来ます。

システム管理者の方のお役立ちになる情報も掲載しております。

業務端末の変化②

先月の記事「業務用端末の変化」にて、ハンディターミナル  (業務用端末)における市場の変化についてお話しました。

MobiControlは、モバイル端末のインフラを担う部分ですので、POLでは何よりも先に、市場の状況をいち早くキャッチしております。

このブログを読まれている中にも、現在ご利用されているハンディターミナルのリプレイスとして、機種選定に頭を抱えられている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

その悩みの1つとして、「Windows OS 以外の端末で何ができるのか・・・」ではないでしょうか。

時代の流れに合わせてiOSやAndroidを採用したいが、Windowsと比べて何がメリットなのかイマイチわからない。

勿論Windows OS は、”枯れたOS”なので安心の度合いも高く、古くから慣れ親しんだUIであるため、新に覚えることもなくスムーズに利用が可能です。

その慣れ親しんだOSを一新する最大のメリットは、”モバイル活用の拡張性”にあります。

今までは、特定の業務に対して専用機を用意し、用途を限定して利用していた企業様が大半かと思います。

ただ、企業によってはコミュニケーションツールとしてスマホを導入していたり、モバイル活用の幅は広がっています。

連絡はスマホで行い、棚卸や検品などはハンディターミナルという時代から、「ハンディターミナルで連絡を取り合い、棚卸の時には専用アプリを起動して業務を行う」に2in1ないし3in1、アプリを追加することで更なる拡張が見込めることでしょう。

老若男女問わず、プライベートでスマホを活用するようになったからこそ、活用の幅は広がり続けるかと思います。

専用機と違い端末のスペックも格段に向上しているため、長期的に利用する次期ハンディターミナルの候補としてご検討してみてはいかがでしょうか?

iOS、Androidを採用することで、このほかにも様々なメリットがあるかと思います。自社のIT活用に新たな一歩を踏み出せること間違いないでしょう!

「世界のSONY」はやっぱり凄い

ソニーモバイルコミュニケーションズが、「Xperia Touch」の販売開始時期を4月20日に正式発表しました。          世界のSONYは凄いなと改めて感じたのでご紹介を!

一見おしゃれな小型プロジェクターに見えますが、なんと映し出された画像をタッチすることで、操作が可能です。いまいち凄さが伝わらないかもしれませんが、実際に動いているのがこれです。

 

 

画面を必要としない時代がすぐそこまで来ているのが恐ろしくもあり、楽しみでもあります。

 

OS自体はAndroidの7.0を用いており、今までのGoogle Storeに あるアプリなども利用可能となっています。これだけ高画質で 操作感も良ければ、デザインやコンセプト含めいうことなし! と感じています。

実際にMobiControlでも動作検証を行ったところ、リモートの 機能なども正常に動作していたとのことで、今後の業務利用にも期待をしたいと思います。

「Xperia Touch」は6月9日より予約販売の開始を予定しており、 ソニーストアで購入すると149,880円(税別)が定価となります。

 

一般的なスマートフォンは、「静電容量式」という方法を用いて タッチパネルを操作させており、微弱な電気を流すためにも指で直接触れる必要があるため、工場など手袋をはめた現場では利用できないことも多くあります。

その点、Xperia Touchはそのような心配がないため、現場によっては今後需要が高まるのではないかと勝手に期待しています。

 

実際に実機に触れるために、皆様も是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

京セラ 最強タフネスケータイ

海外に圧され気味な日本モバイル市場に国際端末の嬉しいニュースがあります。

京セラは2月24日に、TORQUE X01というフィーチャーフォンをリリースしました。

この端末は最強のタフネスケータイを謳い文句に頑丈な端末として好評です。

評価試験として地上1.8m上から鉄板・コンクリートへ落下させる試験をクリアしているとのこと。さらに防水・防塵・温度耐久・低圧対応・対日射・対氷結等、他社製品と比べても格段に頑丈であることがわかります。

私がこれまで使用してきたスマホ達も何度も物理要因による  故障を経験してきているため、この特徴はとても魅力的です。

もちろんこのような評価をしているのは私だけではなく、工事 現場や工場で働く方々やスマホの扱いに慣れていない方々、高齢者の方々からも高評価を得ているようです。

ただし、良いことばかりではなく、中身の部分では海外スマホに及ばない面もありますが、それを踏まえてもこの頑丈さは魅力的ではないでしょうか。

SIMフリー化に朗報

最近は元々から「SIMフリー」となっている端末が多くなってきましたが、通信キャリアが発売している端末のほとんどはSIM「アン」フリーです。

つまり、自社のSIMしか利用できない様に制限をしています。

最近になってやっと自社発売端末のSIMフリー化を認める様になったものの、「購入から180日はSIMロックの解除はできない」という制限があります。

例えば、端末を一括購入していても180日待たなければならない状況です。

この制限は端末料金踏み倒しをして端末を転売してしまう行為を抑制するためのものでしたが、「一括払い」で購入しても適用されてしまうため、不平等な感がありました。

この様な状況に総務省がメスを入れました。

モバイルサービスの提供条件・端末に関するガイドラインについての意見募集の結果」を公表し、ガイドラインを改めることとなりました。

今後について、今までの「180日」から
・割賦払いの場合は100日程度以下の期限とする。
・一括払いの場合は支払いが確認でき次第すぐ。
でSIMフリー化の対象とする様です。

またその他に、解約時ではSIMロックを解除すること、MVNO(仮想移動体通信会社)向けのSIMロック廃止も盛り込まれています。

SIMフリー化によって、流動性が高まり、競争が適正化されることによって、使いやすい環境が醸成されることを願います。

ガイドラインについては今後も取り上げていきたいと思います。