Category Archives :Google

高まるGoogle Tangoへの期待 ~ARとモバイル~

昨年12月にリリースされた LENOVO の Phab 2 Pro には、   Google TangoのAR技術が搭載されており話題を呼びました。  発売当初は「ARが売りのレノボ端末を買うにはまだ早い」と   いった声を周りから聞いてもいましたが、そこから半年近く  経った今では購入を検討している人たちが増えているのでは  ないかと思います。

理由は大きく分けて2つあります。

 

1つは半年前と比較し、Google Tangoに対応したアプリが    増えてきたことで。まだまだ、一般的なアプリと比べると   数は少ないですが、確実にその数は増えてきています。

中でもBMWが提供しているアプリ「BMW i Visualiser」は、  是非体験してみてください!!

カメラを向けた先に「BMW i3」と「BMW i8」を投影し、   自在に希望の色やホイールに変更することができ、実際に   購入した時のイメージを店舗に行かなくとも、自宅の駐車   場で行える。近未来型のアプリとなっています。

実際に扉を開き乗り込むこともでき、今後の「物」のあり方   を問う画期的なシステムとなっています。

 

もう1つの理由として、LENOVO以外のメーカーがTangoに   対応した端末をリリースすることにあります。4月に発売    されているものでは、ZenfoneARがあり夏以降に国内でも   リリースを予定しています。

ZenfoneAR では、AR だけではなく VR の機能も搭載されて   おり、ヘッドセット(Daydream)をつけることで、高解像度   のバーチャル世界を体験できます。           ※Daydreamは2017年4月現在、日本未発売となります

 

夏以降、LENOVO以外の端末でもTangoい対応されていく   ことで、アプリの数も増えていくと考えられ、業務や販促   ツールとしての活用も今後どんどん増えていくと期待でき   ます。

是非、これを機に一度検討してみてはいかがでしょうか。

進化したAndroid for Work

新しい年、2017年を迎えました。

今年も引き続き「MobiControl」とともに、このブログも宜しくお願い致します。

さて、バージョンアップごとに魅力的な機能が追加されているAndroidですが、業務利用を考慮した機能でも様々な付加があります。

その一つが「Android for Work」(AFW)です。

Android OS 「5.0」(Lollipop)から対応したこの機能ですが、デバイスを「個人領域」と「業務領域」と使い分ける、つまり「BYOD」(Bring Your Own Device)を想定した機能です。

この機能はSamsung社のセキュリティ機能「KNOX」を取り込むことによって可能となりました。

当初はAndroid for Workに対応している機種が少なく、あまり使い勝手のいいものではありませんでした。

今では様々なメーカーデバイスが対応しています。

Android for Workでは2通りの管理体系があります。

その一つが「管理されたプロファイル」(Managed Profile)。

かつて、「Profile Owner Mode」と言われていました。

このモードでは、デバイス内を「個人用」「業務用」と分けて、「業務用」のみの管理が可能となるので、「BYOD」に適した管理になります。

もう一つが「管理されたデバイス」(Managed Device)。

かつては「Device Owner Mode」といわれていました。

このモードはデバイスの全ての領域を業務利用とし、企業の厳格な管理を可能としています。

今までのAndroidデバイスのMDM機能は十分なものではありませんでしたが、「Android for Work」により、企業が望む管理が可能となりました。

もちろん、「MobiControl」はいち早くから、この「Android for Work」に対応しており、「管理されたプロファイル」(Managed Profile)や「管理されたデバイス」(Managed Device)の使い分けで柔軟な管理が実現されます。

Android for Workデバイス向けのMobiControl機能の魅力的な機能のキーワードを1つ上げると、「リモート」です。

afw_remote

Android for Workデバイス向けに「リモート」が実現されている「MobiControl」。

MobiControlでの『Android for Work』については

support@pol-japan.co.jp

までお問い合わせ下さい。

Android OSアップデート

8月にリリースとなったAndroid OS 7.0(Nougat)ですが、2画面構成でのマルチタスク機能、ホーム画面上部から引き出す「クイック設定」の柔軟性向上、省電力モード「Doze」の機能改善、データ通信の節約につながる「Data Saver」やファイルベースの暗号化などのセキュリティ対策が盛り込まれました。

10月には「7.1」がリリース。

「7.1」ではシステムアップデートのバックグラウンドでのインストールやVRプラットフォームである「Google Daydream」のサポートなどが追加されました。

そして、12月5日(米国時間)、最新版となる「7.1.1」がリリースされました。

このバージョンには40個以上の脆弱性に対するパッチが含まれます。

%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%83%e3%82%af

機能面では、iPhoneの3D Touchに似た機能としてクイックアクションが追加され、ホームに配置されたアプリをロングタップすることにより、アプリ内の機能を簡単に呼び出すことを可能にしました。

%e7%b5%b5%e6%96%87%e5%ad%97

絵文字も刷新し、様々な職業が追加され、表現力が高まりました。

Google Messenger、AlloやHangoutなどの対応アプリでアニメーションGIFも挿入可能となっています。

なお、現時点でこのバージョンに対応している主な端末は「Nexus 5x」「Nexus 6」「Nexus 6P」「Nexus 9」「Pixel」「Pixel XL」などのGoogleリファレンス端末となっています。

除々に対応機種が増えてくることかと思いますが、アップデートを行う際は情報収集などして注意下さい。

ただ、Android端末は何かあっても戻すことが可能なので、ちょっと安心ですが。

Googleの新しい端末

Googleは日本時間の10月5日、「Made by Google」というタイトルで新製品発表会を開きました。

madw_by_google
Made by Google

家中どこでもWi-Fi環境を、のコンセプトとして「Google WiFi」が、様々な端末に対応したVRヘッドセットの「Daydream View」が、4KとHDRに対応した「Chromecast Ultra」などが明らかにされています。

そして、注目はGoogle謹製の新しいスマートフォン、「Pixel」です。

pixel

今までの「Nexusシリーズ」から脱却し、「Pixel」に生まれ変わったこの端末、Googleが拘った作りになっています。

発表された端末は2機種で、「5.0インチ(1920pix ×  1080pix)」の「Pixel」と「5.2インチ(2560pix ×  1440pix)」の「Pixel XL」です。

OSは最新の「7.1」(Nougat)で、チップセットはQualcommのSnapdragon 821とこれも最新で2機種とも共通。

メモリは共に「4GB」で、ストレージ容量は「32GB」「128GB」、microSDカードスロットの搭載は無い様です。

メインカメラは1230万画素、f/2.0 と明るいレンズで「4K」動画も撮影可能、前面カメラは800万画素でf/2.4のレンズ、フルHD動画撮影に対応しています。

LTEは「FDD LTE」が B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 26 / 28 / 32、「TDD LTE」が B 38 / 39 / 40 / 41とかなり幅広く対応しているので、何処へ持って行っても安心です。

接続端子はUSB Type-Cですが、特徴的なのが、iPhoneからの「乗り換え」を楽にしているところ。

AppleもAndroid端末からの乗り換えを楽にする仕組みを用意していますが、Googleも同じ発想で対抗してきました。

ただ、残念なお知らせが・・・。

現時点での日本発売は「未定」とのこと。

今までの「Nexusシリーズ」に比べ、随分とハイエンドな端末な「Pixel」ですが、日本での発売を心待ちにしたいです。

Googleでより便利に

Gmail、Googleカレンダー、GoogleドライブなどGoogleは無料のサービスを提供していますが、これらの企業向けとなるサービスが「Google Apps for Work」です。

この「Google Apps for Work」が「G Suite」という名称へ変更となりました。

この変更に伴い、GoogleはG Suiteの紹介というブログを開設しています。

この中で「G Suite」は「Gmail、ドキュメント、ドライブ、カレンダー、ハングアウトなどのインテリジェントなアプリケーション群の総称」で、「G Suite」があれば「情報はデバイス、アプリケーション、人々、チームの間を自由に飛び交い、素晴らしいアイデアが取り残されること」はないとしています。

また、この名称変更に合わせ、人工知能(AI)の技術をG Suiteに導入したことも発表されています。

企業向けとなるため、基本的に「有料」利用することになりますが、導入により、シームレスな業務も可能になります。

また、利用される「Google Account」ではAndroid端末の管理機能も充実し、「Android for Work」により、端末のプライベート利用と業務利用を分けることが可能になります。

つまり、個人の端末であっても「Android for Work」を利用すれば、「業務利用部分だけ」の管理ができます。

「MobiControl」はこの「Android for Work」にいち早く対応していますので、「G Suite」と「Android for Work」により、手軽で効率的な業務遂行と端末管理が実現します。

MobiControlで実行可能なAndroid for Work向け機能はMDMの基本的な機能にくわえ、
・カメラの禁止
・スクリーンキャプチャの禁止
・コピペの禁止
・アプリの強制配布
・アプリインストール制限
・SDカード利用制限
・USBデータ転送制限
・ブラウザ制御
・マルウェア対策
・ウェブフィルタリング
など

MobiControlでの「Android for Work」利用については

sales@pol-japan.co.jp

までお問い合わせ下さい。