Category Archives :iPhone

昔の思い出をデータで保存

デジカメやスマートフォンなどが普及したことにより、写真のネガフィルムはほとんど見なくなりましたが、家の押入れの中や昔のアルバムの中に残っている方々もいるのではないでしょうか。

そんな昔懐かしい写真のネガフィルムをスマートフォンで現像できるアプリケーション「FilmLab」がKickstarterに登場しました。

 

 

FilmLabは、スマホ向けのアプリケーションであり、ネガフィルムを認識する画像処理エンジンを搭載しています。そのためライトボックスに設置したネガにスマホを向けるだけで、現像した写真のように端末に表示させ画像として保存することが可能となっています。

カメラに夜画像の傾きや色などは自動修正されるため、保存後に再度画像修正する必要はないようです。

 

 

現在は、35mm白黒とカラーフィルム、中判白黒フィルム(6×6センチ)に対応しており、スマホの機種によって出力できる画像形式は異なるようですが、iPhone 6s/7などであれば高解像度での保存が可能なようです。

昔の思い出をデータで保存することで、アルバムや動画を作成する時に今までよりもきれいな写真を使用できるようになるのではないかと思います。

決済手段が拡がる

とうとう「Apple Pay」が日本でも始まりました。

applepay

Android端末では「おサイフケータイ」として認知されてきた端末での決済手段ですが、満を持して10月25日にAppleが投入してきました。

iPhoneでは従来からNFC(近接無線通信技術)のチップを搭載し、日本国外では早くから「Apple Pay」が実現していました。

日本で利用されている「おサイフケータイ」は「FeliCa」(という日本独自の技術)によるタッチ決済です。

つまり、NFCチップは載っているけど、FeliCaに対応していなかったので、日本ではiPhoneで「おサイフケータイ」の利用が出来なかった状況でした。

ところが、新しく発売されたiPhone 7/iPhone 7 Plusでは日本向けに「FeliCa」対応端末を登場させました。

日本以外では省かれている機能なので、日本市場を重要視している姿勢がうかがえます。

早速始まった「Apple Pay」ですが、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「Apple Watch Series 2」で「Suica」「iD」「QUICPay」として利用可能になります。

「iD」と「QUICPay」を利用するにはこれらに対応しているクレジットカードを「Wallet」に登録する必要があります。

電車の乗降時や店舗での支払いは「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「Apple Watch Series 2」のみの対応となりますが、アプリ内の支払いやウェブ上の決済では「iPhone 6」以降のiPhoneやiPhone 5以降とペアリングしたApple Watchで「Apple Pay」が利用できます。

ただ、「Apple Pay」の利便性は「タッチ決済」にあるかと思いますので、タッチ決済に拘る場合は「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」または「Apple Watch Series 2」を購入することになります。

「Suica」を利用する場合、おサイフケータイからの乗り換えでは「元に戻せない」とのこと、また取り込んだSuicaは利用不可になること、クレジットカード決済が条件となるサービス(モバイルSuica特急券/Suicaグリーン券/Suica定期券の購入)は利用できないので注意が必要です。

今後、利用できるクレジットカードやサービスが増るかと思いますが、今までフリップカバーにカードを忍ばせて利用していた場合には朗報です。

ところで、業務でiPhoneを利用している場合、運用面から端末機能を制限したい場合が多くあります。

MobiControl」ではリリースされた「iOS 10.1」と「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」にも対応し、『Apple Payを利用させたくない』という要望にも応えられる機能を持っています。

MobiControlでの『ApplePayの制限』については

support@pol-japan.co.jp

までお問い合わせ下さい。

日本だけとなるか

先日のスペシャルイベントで発表された「iPhone7/iPhone 7 Plus」ですが、日本では9月9日に予約受付けが始まって、9月16日の発売になっています。

熱を持って迎え入れているのは「日本だけ」なのでしょうか。

ロイターでは中国での状況を、去年に比べ新しいiPhoneは予想されたものとなり、大きな歓声はなかった、としています。

日経ビジネスオンラインでは新しい製品を創造していく「プロダクト・アウト」から消費者のニーズを取り入れる「マーケット・イン」にアップルが移行しつつあり、「大衆迎合」に走っていることにより、魅力が薄れるのではないか、と見ています。

ニューヨークタイムスでは新しいiPhoneのデザインが去年と代わり映えしていないことから、来年の「10周年」に「変化を温存」しているのではないか、とも見ています。

NHKでは調査会社の結果として、4月-6月の販売台数がアメリカで「14.5%」の減少、中国で「31.7%」の減少と、世界規模では落ち込みが激しいと報じていますが、一方の日本では同じ時期に10%以上シェアを伸ばし、「43%」を獲得するなど、世界とは違う日本の動きを紹介しています。

アップル製品に対しては数多くの国内部品メーカーが携わっているので、iPhoneの販売動向も気になるところでしょうが、他社の製品にも多く供給していることから、全体を俯瞰すると、タブレットを含めたスマホ「全量」の行方の方が気になるかもしれません。

何れにせよ、9月16日の販売開始から注目し、動向を確かめていきたいと思います。

Apple! Apple! Apple! 2016

日本時間の2016年9月8日午前2時、アメリカ/サンフランシスコにて「スペシャルイベント」を開催しました。

apple_02

直前に、もうそろそろとお知らせしていましたが、やはり色々と気になるイベントとなりました。

iphone7

iPhone。

新しいiPhoneとしてiPhone 7/iPhone 7 Plusが発表されました。

綺麗な「黒」が美しいです。

筐体も強硬となり、IP67防水・防塵対応と、雨の日も安心して使えます。

当然、チップセットやRAM容量が向上し、より快適サクサクになってます。

iPhone 7 Plusのカメラは広角レンズと望遠レンズを搭載したデュアルカメラとなり、奥行き感のある写真が撮れる様になりました。

注目はヘッドホン端子を失くし、Lightningによる接続へ変更となりました。

airpods

同時に、「ワイヤレス」なイヤホン、「AirPod」も発表。

満充電で連続「5時間」再生でき、ケースが充電機能を持っています。

「無くしそう」と早くも声があがって・・・

applepay

日本向けのサービスとして「Suica」対応に。

NFCとの排他利用となる様で、Suicaは日本でしか利用できないので、海外利用では切り替える必要がある様です。

apple_watch

Suicaも利用可能な「Apple Watch 2」も発表です。

「Watch Series 2」では50m防水仕様になり、プールで泳いでも大丈夫。

また、GPS機能が付いたのでiPhoneを必要としなくなりました。

ということで、「Pokemon Go」にも対応です。

盛りだくさんの発表となった「スペシャルイベント」ですが、新しいiPhneについては本日(9月9日)から予約受付開始で、発売日は9月16日です。

間もなく登場?

Appleは9月7日(日本時間9月8日午前2時)に「スペシャルイベント」の開催を予定しています。

このイベントの目玉の一つが「新しいiPhone」です。

今までの情報からは「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」として登場する予定です。

この新しいiPhone、2.4GHz駆動のA10プロセッサーを搭載し、32GB、128GBと256GBのストレージに2GBのRAM(iPhone 7)、3GBのRAM(iPhone 7 Plus)のスペック展開に。

iPhone 7 Plusはメインカメラが「デュアル」仕様になるため、3GBのRAMを搭載している模様です。

また、イヤホンについてはイヤホンジャックがなくなり、Lightningで音が供給されるとのこと(3.5mm変換アダプター付き)。

筐体は防水機能が備わり、IPX7対応となって水滴が付いても安心です。

後2日ほど、予想通りに発表されるか楽しみです。

ところで、Googleが意欲的なプロジェクトとして進めていた「Project Ara」ですが、開発が中断している様です。

CPUやカメラ、バッテリーなどが「モジュール」化されて、状況や要望に応じて組み替えることができる端末を開発していました。

丁度1年ほど前にProject Araを取り上げていましたが、ここに来ての「中断」は残念なお知らせです。

かつて発売が延期された経緯があったので、それが布石となっていたのでしょうか・・・。

ともかく、直近に開催されるAppleの「スペシャルイベント」を楽しみに待ちたいと思います。