Category Archives :Mobile Device

VRの可能性を高めるGalaxy S8+

Samsungの新型スマートフォン「Galaxy S8+

約6.2インチのやや大きめの画面には、タブレットに近い印象  を持っていたが、実際に手に取ると縦に長い画面は今までと  さほど違いを感じず、持ちやすい仕様になっていた。

Galaxy S7と同様に、今回も予約特典で「GearVR」がセットと  なっており、さらにコントローラーまでセットでついてくる。 ヘッドマウントディスプレイでも個人的には十分使いやすか  ったのですが、今後のVRの拡張性を考えると、より操作感   も高まりスマートフォン以上の価値が望めそうです。

コントローラーにはクリック可能なタッチバッドとホーム   ボタン、トリガーボタンなどがついており、かなり小型で   長時間持っていても疲れ知らずで遊べそうです。

gearvr

 

 

 

 

 

 

実際にゲームで使用する場合には、仮装空間内の手として   コントローラーを利用するゲームもあり、今までの操作感   や仮想空間との一体感を体感できる仕様となっています。

個別でコントローラーとGearVRを購入する場合は約15,000円  するため、この機会に特典購入してみてはどうでしょうか?  夏休みに涼しい室内で、素敵な世界を体験できることは間違い ないと思います!

業務端末の変化②

先月の記事「業務用端末の変化」にて、ハンディターミナル  (業務用端末)における市場の変化についてお話しました。

MobiControlは、モバイル端末のインフラを担う部分ですので、POLでは何よりも先に、市場の状況をいち早くキャッチしております。

このブログを読まれている中にも、現在ご利用されているハンディターミナルのリプレイスとして、機種選定に頭を抱えられている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

その悩みの1つとして、「Windows OS 以外の端末で何ができるのか・・・」ではないでしょうか。

時代の流れに合わせてiOSやAndroidを採用したいが、Windowsと比べて何がメリットなのかイマイチわからない。

勿論Windows OS は、”枯れたOS”なので安心の度合いも高く、古くから慣れ親しんだUIであるため、新に覚えることもなくスムーズに利用が可能です。

その慣れ親しんだOSを一新する最大のメリットは、”モバイル活用の拡張性”にあります。

今までは、特定の業務に対して専用機を用意し、用途を限定して利用していた企業様が大半かと思います。

ただ、企業によってはコミュニケーションツールとしてスマホを導入していたり、モバイル活用の幅は広がっています。

連絡はスマホで行い、棚卸や検品などはハンディターミナルという時代から、「ハンディターミナルで連絡を取り合い、棚卸の時には専用アプリを起動して業務を行う」に2in1ないし3in1、アプリを追加することで更なる拡張が見込めることでしょう。

老若男女問わず、プライベートでスマホを活用するようになったからこそ、活用の幅は広がり続けるかと思います。

専用機と違い端末のスペックも格段に向上しているため、長期的に利用する次期ハンディターミナルの候補としてご検討してみてはいかがでしょうか?

iOS、Androidを採用することで、このほかにも様々なメリットがあるかと思います。自社のIT活用に新たな一歩を踏み出せること間違いないでしょう!

フランス発の端末

最近拡がりが出てきた「NVNO」(仮想移動体通信事業者)。

前回記事では競争原理を働かせるため、透明性を高めていく方向に総務省が主導していくことを書きました。

MVNOとともに、様々な「SIMフリー」な機種も出てきました。

MVNOでは、そのほとんどがDoCoMoの回線を利用していたため、SIMフリー機の恩恵はあまりありませんでしたが、最近はau回線やsoftbank回線を利用する事業者も増えてきているので、魅力が増えています。

国内からもSIMフリー端末がでてきていますが、今回の端末は「フランス発」。

フランスのモバイル端末ベンチャー「Wiko」は日本市場向けに端末を発表しました。

Wiko

「tommy」と名付けられた端末です。

OSはAndroid 6.0(Marshmallow)で5インチ(1280pix × 720pix)ディスプレイの筐体。

クアッド(4)コア1.3GHzのCPUに2GBのメモリーと16GBの内部ストレージ、64GBまでの外部ストレージにも対応しています。

メインカメラは800万画素で、フロントカメラは500万画素。

いわゆるエントリークラスの端末ですが、その分価格も低廉に。

選べるカラフルな筐体が洒落ています。

ヨーロッパでは既に1,000万台の販売台数を出しており、その勢いで日本進出に打って出ました。

最近の端末では珍しく、バッテリーが外せますが、予備バッテリーは今後の発売になりそうです。

端末内のアプリではオリジナルアプリがあまりない様なので、ストレージ初期空き容量と使い勝手が良さそうです。

低廉に価格ながら、洒落た筐体は国内利用だけでなく、海外渡航時に現地SIMを利用する場合にも重宝しそうで、抵抗なく購入できそうな端末です。

色々な端末が出てくるのは楽しみです(Windows 10 Phoneはどうなったのでしょう・・・)。

Nintendo Switch、間もなくの登場

長らく「Nintendo NX」というコードネームで開発が進められてきた任天堂の新ゲーム機ですが、昨年(2016年)の10月20日に「Nintendo Switch」として、その姿が公開されました。

そして、とうとう。

3月3日に発売が予定されています。

前作、「Wii」と「WiiU」の間を埋めるべく登場した「Nintendo Switch」ですが、発表の少し後、「Wii U」はひっそりと幕を閉じました。

WiiU

「Nintendo Switch」は一見「WiiU」の様な筐体ですが、ディスプレイ左右に付いているパッドは取り外し可能です。

そして、別体となったディスプレイはモニターとしても利用できるし、クレードルに挿入してテレビ等に接続することによって、大画面でもゲームが楽しめます。

また、取り外したパッドは合体させて一つのコントローラーとしても利用できるし、分けて利用して独立したコントローラーとしても機能します。

非常に拡張性の高い作りになっていますね。

ゲーム機でハードと同じ様に重要なのが、コンテンツである「ゲーム」そのものです。

「WiiU」は「Wii」に比べて、ゲーム数が少なかったこともあり、この「Nintendo Switch」ではどれだけコンテンツを増やせるでしょうか。

今回の「Nintendo Switch」は専用機ですが、最近ではスマホやタブレットでゲームを行う場合も多くなっています。

端末に搭載されたチップセットの性能も上がり、専用のグラフィックチップも処理が速くなったので、リッチなコンテンツも楽々こなすようなスマホやタブレットが登場しています。

業務でスマホやタブレットを利用する場合、業務に必要のない「機能」や「アプリ」の「制限」が課題になります。

「MobiControl」には「キオスクモード」(ランチャー機能)というものがあり、この機能を利用することで、許可した「機能」や「アプリ」のみを表示。

Launcher_01

簡単に「機能」や「アプリ」の「制限」が可能になります。

「キオスクモード」で展開されるランチャーの実態は「HTML」なので、企業のカラーや業務の内容に合わせて、自由な作り込みが可能です。

このほか、個別機能でも「アプリ制限」(ホワイトリスト/ブラックリスト)やウェブブラウジング制限(標準機能)など、「キオスクモード」以外でも、様々な機能を提供しています。

MobiControlの「気になる機能」に関しては

お問い合わせページ

からお問い合わせ下さい。

気になる端末

年明けから、気になる端末が出てきました。

元々超高級な端末を出していた「Vertu」ですが、今回は凄い端末です。

英国/Vertuは新しい端末として「Vertu Constellation」を発表しました。

Vertu

5.5インチ(2560pix × 1440pix)のディスプレイにDual SIM構成。

OSはAndroid 6.0.1(Marshmallow)で、4GBのメモリと128GBのストレージ、CPUはQualcomm Snapdragon 820。

1200万画素のカメラを搭載し、24時間のコンシェルジュサービスも利用可能です。

発売は2月中とのことですが、140カラットのサファイアクリスタルを採用など超豪華な作りのため、価格もそれなりに。

絞りの筐体がやはり高級感を醸し出していますが、ゼロが3つの万円になりそうとのことです。

もう一つ。

音響メーカーとして有名な「ONKYO」ですが、タブレットを出していたりしていました。

その「ONKYO」から満を持しての「音に特化した」スマホの登場です。

ONKYO

その端末が「GRAN BEAT」です。

Android 6.0(Marshmallow)をOSとし、5インチ(1920pix × 1080pix)ディスプレイ。

SOCはQualcomm MSM8956でヘキサ(6)コアのCPU、3GBのメモリと126GBのストレージ、外部ストレージにも対応しているので、容量拡張性は高いです。

メインカメラは1600万画素(F2.0)、サブカメラは800万画素(F2.2)とまずまず。

SIMフリーなので、回線業者に縛られません。

サウンドの要となる「DAC」と「AMP」はそれぞれ2機搭載し、端末内部で192KHzまでのアップコンバートに対応し、外部対応だと384KHzにもなります。

また、出力側のヘッドホン端子は一般的なスマホに搭載されている2.5mmにくわえ、オーディオ用の3.5mmの2つに対応しています。

どんな音を出してくれるのか、静かな環境で聴いてみたいですね。

スマホとポータブルオーディオアンプ(ポタアン)を持っている場合は1台にまとめられるので、携帯性がぐっと高まりそうです。

「Vertu」は無理ですが、「GRAN BEAT」は欲しい1台です。