Category Archives :Mobile

VRの可能性を高めるGalaxy S8+

Samsungの新型スマートフォン「Galaxy S8+

約6.2インチのやや大きめの画面には、タブレットに近い印象  を持っていたが、実際に手に取ると縦に長い画面は今までと  さほど違いを感じず、持ちやすい仕様になっていた。

Galaxy S7と同様に、今回も予約特典で「GearVR」がセットと  なっており、さらにコントローラーまでセットでついてくる。 ヘッドマウントディスプレイでも個人的には十分使いやすか  ったのですが、今後のVRの拡張性を考えると、より操作感   も高まりスマートフォン以上の価値が望めそうです。

コントローラーにはクリック可能なタッチバッドとホーム   ボタン、トリガーボタンなどがついており、かなり小型で   長時間持っていても疲れ知らずで遊べそうです。

gearvr

 

 

 

 

 

 

実際にゲームで使用する場合には、仮装空間内の手として   コントローラーを利用するゲームもあり、今までの操作感   や仮想空間との一体感を体感できる仕様となっています。

個別でコントローラーとGearVRを購入する場合は約15,000円  するため、この機会に特典購入してみてはどうでしょうか?  夏休みに涼しい室内で、素敵な世界を体験できることは間違い ないと思います!

業務端末の変化②

先月の記事「業務用端末の変化」にて、ハンディターミナル  (業務用端末)における市場の変化についてお話しました。

MobiControlは、モバイル端末のインフラを担う部分ですので、POLでは何よりも先に、市場の状況をいち早くキャッチしております。

このブログを読まれている中にも、現在ご利用されているハンディターミナルのリプレイスとして、機種選定に頭を抱えられている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

その悩みの1つとして、「Windows OS 以外の端末で何ができるのか・・・」ではないでしょうか。

時代の流れに合わせてiOSやAndroidを採用したいが、Windowsと比べて何がメリットなのかイマイチわからない。

勿論Windows OS は、”枯れたOS”なので安心の度合いも高く、古くから慣れ親しんだUIであるため、新に覚えることもなくスムーズに利用が可能です。

その慣れ親しんだOSを一新する最大のメリットは、”モバイル活用の拡張性”にあります。

今までは、特定の業務に対して専用機を用意し、用途を限定して利用していた企業様が大半かと思います。

ただ、企業によってはコミュニケーションツールとしてスマホを導入していたり、モバイル活用の幅は広がっています。

連絡はスマホで行い、棚卸や検品などはハンディターミナルという時代から、「ハンディターミナルで連絡を取り合い、棚卸の時には専用アプリを起動して業務を行う」に2in1ないし3in1、アプリを追加することで更なる拡張が見込めることでしょう。

老若男女問わず、プライベートでスマホを活用するようになったからこそ、活用の幅は広がり続けるかと思います。

専用機と違い端末のスペックも格段に向上しているため、長期的に利用する次期ハンディターミナルの候補としてご検討してみてはいかがでしょうか?

iOS、Androidを採用することで、このほかにも様々なメリットがあるかと思います。自社のIT活用に新たな一歩を踏み出せること間違いないでしょう!

業務用端末の変化

先日、ご紹介したGalaxy S8にちなんで、            今回は「国内でのモバイル市場」についてご紹介します。

このブログをご覧になられている皆様の中でも、「個人用スマホはiPhoneです。」という方が大多数を占めているのではないでしょうか?

まだまだ日本国内でのAppleのシェアは圧倒的となっており、会社支給端末もiPhone!という企業が非常に多いのではないかと思います。

さて、前置きはこの辺りまでとして、今回は「業務で利用するモバイル端末」についてお話をしたいと思います。

「業務で利用されるモバイル端末って何のこと?」と思われる方も多くいらっしゃるかと思います。例えば、店舗での発注や在庫照会、それ以外にもドライバーさんの荷物情報の読取など、様々な場面で利用される端末がハンディターミナルです。

null

このハンディターミナル(業務用端末)の市場もここ数年で変化を見せつつあります。従来の独自OSやWindowsにiOS、Androidという新たなOSが加わり、選択肢の幅も広がってきました。

それにより、用途の拡大が見込まれる反面、セキュリティのリスクなど様々な課題も浮かび上がってきます・・・。

新たなモバイルOSへの移行や懸念などについて、       数回に渡りお伝えしたいと思います。

ちなみにMobiControlではWindows、iOS、Android全てのOSをサポートしているため、業務端末のトータル管理が可能です。

日本のインターネット普及率

先日ITU(国際電気通信連合)は、国別のインターネット等の情報通信技術の普及度合いをまとめた報告書を発表しました。

これは携帯電話や固定電話の普及率やインターネットの加入者数、平均通信速度などをもとに算出したランキング形式のものです。
今回日本は10位となりました。
上位10カ国は以下になります。

1位 韓国
2位 アイスランド
3位 デンマーク
4位 スイス
5位 イギリス
6位 香港
7位 スウェーデン
8位 オランダ
9位 ノルウェー
10位 日本

日本はアジアではトップクラスかと思いましたが、韓国や香港の方が普及しているんですね。

ちなみに日本のスマートフォンの所有率は今年70%を超え、タブレット端末の所有率も40%に迫る勢いです。

逆にフィーチャーフォンの利用推移は右肩下がりで、23.5%にまで落ち込んでいるのが現状です。

mobile

近年では急激なスマホ普及によって、10代のスマホ利用時間が3年間で1.2倍、パソコンは6割減となり、20代のスマホ利用時間は3年間で1.7倍、パソコンは3割減というメディアのパラダイムシフトも起こっています。

日本におけるインターネットの人口普及率がわずか3%台だった1996年から、わずか20年でインターネットが広く普及し、PCからスマートフォン、スマートウォッチ、そしてAIの台頭も著しい昨今。

数年後には、今はまだ予想もできない新たなマシンが普及していくのかもしれません…。

ガラケーの終焉

ケータイ電話が登場した1985年当時(もっとも、携帯する様な大きさではありませんでしたが・・・)、単純に「電話する」機能のみでした。

1987年には小型化され(それでもブロックくらいの大きさでしたが・・・)ましたが、やはり「電話する」機能のみのものでした。

除々に機能追加されていき、「電話する」機能のみからショートメッセージ(SMS)によるメッセージの送受信は出来る様になっていました。

そして1999年。

終末感が漂うこの年の頭に、NTTドコモから世界初の携帯電話IP接続サービスの「iモード」が誕生します。

それまでの単純なメッセージ送受信から、「メール」を利用したメッセージ送受信や端末から直接インターネット網へ接続が可能になり、機能と利用できるコンテンツが大幅に拡大していきました。

様々なメーカーから出ていた端末も、各社争う様に「小型、軽量化」していき「80g」台の端末もありました。

一つの時代を作った「iモード」ですが、スマートフォンが出始め、「モバイル」の主流が「ガラケー」から「スマホ」へ移るとともに利用者も減少することとなりました。

この、利用者減少はスマホへの最適化への遅れも影響している様です。

2016年11月2日、NTTドコモはiモード搭載のケータイ(ドコモケータイ)の出荷を終了すると発表しました。

同時にiモード搭載の「らくらくホン」と「iモードサービス」は引き続きの出荷と利用が可能とアナウンスしています。

ガラケーの終焉とともに、iモードも、より衰退していく様です。

「iモード」マークの点滅、そしてメール受信・・・懐かしいです。