Category Archives :Smart Phone

VRの可能性を高めるGalaxy S8+

Samsungの新型スマートフォン「Galaxy S8+

約6.2インチのやや大きめの画面には、タブレットに近い印象  を持っていたが、実際に手に取ると縦に長い画面は今までと  さほど違いを感じず、持ちやすい仕様になっていた。

Galaxy S7と同様に、今回も予約特典で「GearVR」がセットと  なっており、さらにコントローラーまでセットでついてくる。 ヘッドマウントディスプレイでも個人的には十分使いやすか  ったのですが、今後のVRの拡張性を考えると、より操作感   も高まりスマートフォン以上の価値が望めそうです。

コントローラーにはクリック可能なタッチバッドとホーム   ボタン、トリガーボタンなどがついており、かなり小型で   長時間持っていても疲れ知らずで遊べそうです。

gearvr

 

 

 

 

 

 

実際にゲームで使用する場合には、仮装空間内の手として   コントローラーを利用するゲームもあり、今までの操作感   や仮想空間との一体感を体感できる仕様となっています。

個別でコントローラーとGearVRを購入する場合は約15,000円  するため、この機会に特典購入してみてはどうでしょうか?  夏休みに涼しい室内で、素敵な世界を体験できることは間違い ないと思います!

Galaxy S8公式発表

Samusung社は3月29日にGalaxy S8を発表しました。

この端末にはAppleのSiriやGoogleのGoogle assistant等と同様の新デジタルアシスタント機能「Bixby」を搭載しています。

どれほどの性能なのか気になるところですが、このところ低迷しているSamsung製品に光が見えているように感じます。

5.8インチの大型ディスプレイ+Galaxy S7同様のエッジディスプレイで、今までのGalaxyに使い慣れている人にとっては使いやすいかもしれません。

Samsung社では発火事故が大きな問題となったGalaxy Note7が記憶に新しいですが(12月12日のブログにも載せておりますが)、今回の端末はそうならないことを願うばかりです。

MVNOの競争を透明に

すっかりコモディティ化した「スマホ」や「タブレット」ですが、これらの普及は通信キャリア(MVO)の様々な努力の成果の表れです。

当たり前になってきた「スマホ」や「タブレット」の利用ですが、近頃では「通信料」が高いとみなされ、代替プランが多く出てきました。

これらの代替プランを提供しているのが「MVNO」(仮想移動体通信事業者)です。

通信キャリアから回線を借り受け、独自のプランを作って、中には「格安」な金額で通信を提供しています。

この「MVNO」は210社にも増えています(総務省調べ、2015年12月末時点)。

契約数も約1155万件で移動系通信の契約数全体の「7.2%」になっています(総務省調べ、2015年12月末時点)。

様々なMVNOが様々なサービスを展開していますが、通信キャリアが「競争の透明化」を求められ今の姿に落ち着いてきた様に、次の段階として、MVNOにも「競争の透明化」が課題となっています。

そこで、総務省は「通信速度」をキーワードとして、「競争の透明化」を図ろうとしています。

データ通信速度の進化は凄まじく、現在は受信時最大「375Mbps」となっていますが、3月以降は「682Mbps」の提供も始まります。

ただし、これらの数値は「理論値」であり、実効速度としては概ね53Mbps~91Mbps(NTTドコモ)となっている様です。

更に、通信回線を借り受けているMVNOでは、借り受け時の契約により、もっとバラツキが多い状況です。

この「バラツキ」を通信速度の「開示」によって明らかにし、「競争の透明化」につなげようとしています。

通信キャリアは総務省の要請により、全国1500箇所で通信速度を計測し、ホームページで公表していますが、同様な基準でMVNOにも要請を行う方向です(ただし、測定箇所は減数される見込)。

この要請で、実際の通信速度と提供する料金での比較が容易になり、質の向上にもつながると期待されています。

フルスピードを謳っていても、場所や時間によって「ほぼ繋がらない」といってもいい状況になるときもあるので、歓迎すべき施策です。

この取組は2017年度にも実施の見込です。

単純に「速度」といっても、面白い提供もあります。

京セラ子会社の京セラコミュニケーションシステム社は免許不要の920MHz帯を利用した通信事業を展開し、この通信速度が「100bps」です。

書き間違いではありません。

「100bps」です

色々な提供方法があるんだなぁ、と考えさせられます。

Galaxy Note 7の終焉

Samsung社の「Galaxy Note 7」は至る所で発火・爆発騒ぎとなり、対策を取りましたが、対策品でも発火・爆発があったため対策品の交換と販売を中止しました。

他のGalaxy製品でも同様な事故が発生しているため、心配です。

ともかく、Galaxy Note 7に関しては「他の製品への交換」も進めて利用回避を進めてきましたが、未だに35万台ほどが未回収の状態とか。

そこで、「使わせない」アップデートを行う様です。

従来でも「65%以上」充電できない様にするアップデートがありましたが、12月15日以降、ヨーロッパでは「30%以上」充電できない様にアップデートを行います。

また、更に厳しい状況のアメリカでは完全に充電できなくするアップデートを実施とのこと。

つまり、「文鎮化」ですね。

これらのアップデートにより、端末の回収をより強力に進めていく様です。

日本での発売はありませんでしたが、Galaxy Note 7を使いたいがために輸入版を購入したユーザーもいるかと思います。

爆弾を抱えている様なものですから、早く手放した方が宜しいかと。

怖い話です。

新たな取組

最近ではSIMフリー機を始め、様々なスマホが登場しています。

また、コラボ?した端末も以前から出ていました。

代表的なコラボ端末は「ディズニー仕様」でしようか。

NTTドコモ、SoftBank、AUの各社で出ています。

その他、キャラクターもののコラボとして、「ヱヴァンゲリヲン」(SH-06D)/「ジョジョの奇妙な冒険」(L-06D)/「ONE PIECE」(N-02E)/「初音ミク」(SO-04E)/「ドラゴンクエスト」(SH-01F)なども出ていました。

このコラボシリーズに新たに加わった端末が「ANA Phone」です。

端末はソニー「Xperia XZ」。

ana_phone

OSはAndroid 6.0.1(Marshmallow)で、2.2GHzと1.6GHzのクアッドコア構成のチップセット、RAM3GB、ストレージは32GBで、MicroSDにも対応しています。

5.2インチのディスプレイは1920pix × 1080pixのフルHDで、メインカメラは2300万画素、フロントカメラは1320万画素と非常細かい画素数になっています。

特徴はハイレゾ音源に対応した機能や圧縮音源をアップスケーリングしてハイレゾ音源並に高音質化するDSEE HXを搭載、ノイズキャンセリング機能とともに、高音質を楽しめます。

なお、コラボ製品として、ANAのマイルが2年間で最大34,400マイル貯められることや、オリジナルのホーム画面は時間帯にあわせて変化する仕様。

ANAオリジナルアプリとして、ANA就航都市89都市から、2都市を選択し、時刻と天気や気温を表示することができるアプリがプリインストールされています。

端末は最新機種なので、「ANA仕様」の端末でマイルの取得も皮算用している場合には重宝しそうな端末です。

所有者にはANA搭乗時にスペシャルなサービスが盛りだくさんだといいのですが・・・。