Category Archives :Smart Watch

スマートウォッチの今年はどうなるか

2016年の頭辺りまで、スマートウォッチには勢いがついていると思っていました。

2014年に発表、発売となった「Apple Watch」や「Android Wear」搭載のスマートウォッチが2016年に入ると、カシオ製「WSD-F10」、TAG Heuerの「CONNECTED」や「Pebble」など魅力的なデバイスが登場しました。

しかし、2016年も終わりになってくると、状況が明らかに。

「Apple Watch」は2015年の390万台出荷から、2016年には110万台出荷と前年比「-71.6%」の減。

スマートウォッチ全体でも、2015年の「560万台出荷」から2016年の「270万台出荷」へと半分以上の減少

「Pebble」は活動量計メーカーの「Fitbit」に買収される始末。

このまま「なかった」ことになってしまうのか、と心配な状況です。

ところが、まだまだとばかりにApple WatchのOSである「watchOS」は「3.2」が開発者向けに出てきました。

映画館での鑑賞中に不意な動作をさせない「シアターモード」が搭載される様です。

また、「Android Wear」搭載のスマートウォッチではGoogleがLGと共同で開発を進めているといわれているデバイス「LG Watch Style/LG Watch Sport」も間もなく登場しそうです。

「LG Watch Style/LG Watch Sport」は「Android Wear」の次バージョンに合わせた登場と見込まれるので、OSの登場も近々でしよう。

兎も角、大元のOSメーカーから新しいOSと新しいデバイスの情報が入ってきているので、少し安心しました。

バッテリーがよく持ち、使い勝手のいいデバイスが望まれます。

これらのOSではないですが、中華デバイス(スマートウォッチ?)ではAndroid OSをそのまま載せたモノが多くあります。

中には、SIMによる直接通信やカメラが搭載されたデバイスも。

こういったデバイスの中には、「MobiControl」で管理可能(しかも、リモートコントロールができる!)なものもあり、利用方法によっては「ワクワク」できそうです。

これらのデバイスも「変わった」スマートウォッチとして認識されてくると面白いのですが。

あぁ、残念

使ってますか?

「スマートウォッチ」。

このブログでも何回か取り上げている「スマートウォッチ」ですが、どうも盛り上がりに欠けている様で、と思っていたら出荷数事態も減少傾向の様です。

スマートウォッチの5大ブランド(メーカー)は「Apple」「Germin」「Samsung」「Lenovo」「Pebble」ですが、トップを走る「Apple」のシェアは「41.3%」。

smartwatch_01
Data by IDC

その「Apple」も2015年の390万台出荷から、2016年には110万台出荷と前年比「-71.6%」となっています。

smartwatch_02

もっとも、「Apple」自体のシェアが随分と下がっている様ですが、全体的にみても2015年の「560万台出荷」から2016年の「270万台出荷」へと半分以上減っています。

当初利用していても、最近は利用しなくなってしまう場合もあるかもしれません。

また、スマートフォンやタブレットに比べ、端末価格が高めだったり、バッテリーの持ちが・・・の部分で購入、利用に進まなくなってしまっているのかもしれません。

ただ、スマートフォンやタブレットが割と最近になって、コストパフォマンスの高い製品が出て来る様になって、低廉な価格で購入できる様になった事を考えるとスマートウォッチも今後同様な道を進むのでしょうか。

ところで、5大スマートウォッチブランド(メーカー)に入っている「Pebble」ですが、プラスチック筐体の軽快なスマートウォッチ「Pebble」やより時計らしさとスマートウォッチらしさが増した「Pebble Time」が有名です。

両方とも「出来の良さ」で人気がでましたが、制作にあたりクラウドファンディングで出資を募ってスタートアップしています。

後継機「Pebble Time 2」もクラウドファンディングで出資を募り、目標額の「5倍」を集めていました。

ところが、「Pebble」は活動量計メーカーの「Fitbit」に買収されました。

当然、クラウドファンディングでのプロジェクトは「中止」となり、出資者に今回の件で連絡が入っている様です。

「Pebble Time 2」の出荷(発送)直前の時期だっただけに、楽しみにしていた出資者は落胆しています。

「Pebble」を買収した「Fitbit」ですが、Pebbleが持っていたノウハウをどう活かして、新たなデバイスを披露するのでしょうか。

「Pebble Time 2」がなくなった今、少し注意したいと思います。

スマートグラスの時代へ…

近年ウェアラブルデバイスの広がりは凄まじく、2015年の世界市場規模はメーカー出荷台数ベースで7900万台にまで大きくなりました。

2016年の出荷台数は1億190万台で、前年より29.0%の増加が見込まれています。(IDC調べ)

種類別にみると現在はリストバンドとスマートウォッチが市場全体の9割を占めている状態ですが、2020年までにはリストバンドがシェアを10%以上下げ、スマートグラスが躍進すると見られています。

とはいえ、スマートグラスが生活の中でどういう使い方がされるのか…あまりピンとこないので、調べてみました。

まず、先月ソフトバンクから発表されたのが「Solos」(ソロス)。

solos

 

 

 

 

ロードバイクに乗りながら視野を大きく移動せずに速度や心拍数、走行距離などを超小型ディスプレイで確認できる製品だそうです。

また、ITXが提供するテレビ会議システム「MORA Video Conference」では、オプションサービスでスマートグラスを利用する「MORA ウェアラブル」がサービスとして始動しました。

現場にいる作業者がスマートグラスを装着し、作業者視点の映像をオフィスで表示して、音声で作業指示ができるというものです。

さらには観光客向けの「弘前公園スマートグラスガイドツアー」というツアーも行われています。

これは弘前市が先月から始めたもので、特定のポイントでスマートグラスを装着すると城の歴史や曳屋工事の様子など動画を音声解説付きで視聴できるのだそうです。

その他、周囲を見渡すと、桜が満開の様子や雪が積もる冬の景色が360度のパノラマ映像で映し出されるとのこと。

スマートグラスの使用方法はまだまだ拡大しそうですね!

AndroidとiOSの相互利用

前回、間もなくリリースの「iOS 9」を記事にしましたが、Androidを意識したOSの印象を持ちました。

「Move to iOS from Android」として、Android端末からiOS端末へ簡単に乗換えが出来るツールを提供します。

一方、Androidはというと、「ソフト」をiOS向けに提供する意向がありそうです。

Android_Wear

「Android Wear」がiOSに対応しました。

これまではAndroid専用のOSでしたが、iOS対応とし「Android Wear for iOS」を公開しました。

対応するiOS端末はiPhoneで、OSは「5/5c/5s/6/6 Plus」とのこと。

App Storeから「Android Wear」をダウンロードして利用可能になります。

Android Wear側では、まずは「LG Watch Urbane」が対応済みであり、今後発売されるAndroid Wearは全てiOS対応になる予定。

iOS端末から各種の通知を受けたり、「Google Now」を利用したり・・・(今までも「Google」で出来ましたが)。

iPhone利用者の使い勝手が更に向上します。

Android Wearとしても、スマートウォッチ市場で生き残りたいとの思いも大きいでしょう。

何しろ、「Apple Watch」との差は圧倒的な模様

魅力的な「Android Wear」が増えると嬉しいものです。

これから出る端末たち

最近は様々なメーカーからスマートフォンが発売されていますが、その中でも中国の展開は目覚ましいものがあります。

かつては「パクリ」として隆盛を誇っていた「山寨機」ですが、ここに来て中国メーカーの製品開発力が俄然上向いています。

中国「ZUK」は透明なスマホ「透明手机」を発表しています。

ZKU
Photo by 快科技

稼動状態で展示されているので、かなり開発が進んでいることが伺えます。

台座に隠れている部分にバッテリーが存在すると思いますが、「透明さ」にビックリします。

中国メーカーの技術力の向上に驚かされます。

ZKU_K1
因みに、どこかのメーカーに似た製品も出しています。

中国メーカーが目指すメーカーがサムスンだと思いますが、中国メーカーの台頭によりシェアを奪われつつある様です。

そのサムスンはAndroid OS搭載の「ガラホ」である「SM-G9198」を発表しました。

Android OS 5.1.1 Lollipopを採用し、3.9インチディスプレイ、2GBのメモリーに16GBストレージ容量。

背面もディスプレイっぽくなっていますが、実物はどうなんでしょうか。

そんなサムスンは最新のスマホである「Galaxy Note 5」「Galaxy S6 Edge Plus」を発売しました。

「Galaxy S6 Edge Plus」は「Galaxy S6 Edge」のディスプレイデザインをそのままに、拡大したものとなります。

特徴的なのが、同時に発表された「スマホケース」で「Galaxy S6 Edge Plus」に被せることによって、Bluetooth連動による物理キーを搭載することができます。

BlackBerryっぽくなりますね。
(当のBlackBerryもAndroid OSを載せる様ですが・・・)

ともかく、楽しめそうな端末がまだまだ登場しそうです。

今後も注目していきたいと思います。