Category Archives :Technique

去りゆくFirefox OS

モバイルの世界ではGoogleの「Android OS」とAppleの「iOS」で圧倒的なシェアをとっています。

その中にあって、Web標準技術のHTML5をベースに完全にオープンなOSとして期待されていたMozilla Foundationの「Firefox OS」でしたが、2015年12月に開発停止の予告をしていました。

そして2016年、Mozillaからバージョン2.6を最後に開発の終了が「公式」に宣言されてしまいましたが、「IoT」向けには開発を継続的に進めていました。

「IoT」向けの流れでは、パナソニック社からFirefox OSを搭載した「スマートテレビ」が発売されてもいました。

しかし、この流れも長くは続かなかった様です。

Firefox OSを開発していた「Mozilla」はIoT向け「Firefox OS」の開発チームに解散を伝えたと記事にでました。

非常に意欲的なプロジェクトでしたが、スマートテレビを含めたIoT関連でも影響を与える事が出来ずに、OS市場から去っていきます。

世の中は「Mobile」から「IoT」へと領域を拡げる中で、第三極となるべく開発された「Firefox OS」でしたが、ことごとく壁に当たってしまったのでしょう。

残念な気がします。

ただ、ブラウザーが残っています(最近、重くなりがちですが・・・)。

ブラウザーの分野で、機敏な動作と快適な閲覧が実現される様望みます。

バッテリー問題から開放

スマホの筐体が大型化するのに伴い、バッテリー容量も大きいものが載る様になりました。

「ファブレット」というカテゴリーの端末も出てきて、連続使用時間も伸びています。

ただ、同時にリッチなコンテンツのゲームも増えてきたので、ヘビーユーザーは大型化した端末筐体とバッテリーでも足らずに、モバイルバッテリーを持ち歩くこともに多いかと思います。

7月にリリースされた「Pokémon GO」(まだ続いていますか?)も、みるみるバッテリーが減っていきます。

こんな悩みが解決しそうです。

米国/セントラルフロリダ大学の研究チームは従来のバッテリー技術を大幅に向上させる技術の開発に成功した様です。

supercell

この技術を利用すると、スマホの充電は「数秒」で完了し、放充電も「30,000回」以上可能になるとのこと。

supercapacitors
Photo by ACS Publications

これらの成果は電気二重層コンデンサという「スーパーキャパシタ」で、電子の高速移動と高エネルギー密度を実現したとのこと。

従来のスマホ向けバッテリーでは、放充電回数が1,000回程度で充電時間も満充電まで「時間」単位で掛かっていることを考えると素晴らしいです。

先日に某スマホでバッテリーの発火事故などがあったので、制御系はどうなのか心配な部分もあります。

ともかく、本格的な展開はこれからとなる様ですが、スマホのバッテリーだけでなく、バッテリーを必要とする様々なデバイスにも活用されていくでしょうか。

何年後に実用化されるか、楽しみに待ちたいと思います。

意外な支払い手段

iOS 10、そしてiPhone 7/iPhone 7 Plusの登場で日本でも「Apple Pay」が利用可能となり、便利さが拡がってきましたが、一方で企業利用している場合には「制限したい」との声もあります。

「MobiControl」でもそんな声にお応えできる機能も提供し、企業向けに安心をお届けしています。

ところで、世界規模で考えると、端末は持っているけど、常時快適な通信環境にない地域や国がまだまだ多くあります。

これら地域、国では決済手段が乏しく、また金融機関も十分に機能していない場合があり、ネットワークを利用した支払手段は敷居が高いものとなっています。

この様な状況を打破するべく、また円滑な決済手段の登場をビル・ゲイツ財団ではかねてから提唱していました。

これに呼応するように、英国/ケンブリッジ大学は貧弱なネットワーク環境下でも資金決済が可能となる「DigiTally」を発表しました。

この「DigiTally」は多くの国や地域でまだ使われている「GSM」(2G)回線でも安全に決済手段を提供したものとなり、SIMに「DigiTally」専用のシールを貼って、セキュリティーを高めて利用します。

暗号化されたSMSベースを使い、8桁のコードを利用して決済するので、スマホでなくてもフィーチャーフォンでも使えます。

セキュリティーが甘い通信回線のセキュリティーを高め、通信品質を安定化し、かつ簡単な操作で決済が可能となるこの技術は「手軽さ」の恩恵を与えそうです。

リッチな環境でも、プアな環境でも同じように発展していくことが望ましいです。

この「DigiTally」、今後もちょっと注目していきたいと思います。

次は東京

あっという間の17日間でした。

2016年8月5日にブラジル/リオ・デ・ジャネイロで開催された第31回オリンピック競技大会は8月21日に幕を閉じました。

日本との時差が丁度12時間だったので、競技観戦には厳しい時間帯でした。

日本は勢いがあって、金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル21個の合計41個のメダルを獲得し、前回のロンドンオリンピックを上回り、国別ランクでも6位となり、次回に期待できる結果になっています。

その、次回開催地は「東京」です。

今回のオリンピック閉会式では、小池東京都知事が五輪旗を引き継ぎ、安倍総理大臣がマリオのコスプレで東京大会をアピールしました。

4年後が楽しみになる様な閉会式(引き継ぎ式)だったのではないでしょうか。

ところで、リオ五輪では合計5130個のメダルが製造されたそうです。

どの様なメダルデザインになるか、楽しみな部分もあります。

金銀銅のメダルは全て、色と同じ「純」金属で出来ている訳ではありませんが、相当な量は必要になります。

そこで、ここでも日本の技術を活かそうという動きがあります。

日本は天然資源に乏しい国ですが、発展の賜物か、「都市鉱山」による資源確保が有望です。

「都市鉱山」とはPCやスマホ、家電製品に組み込まれている電子部品に使用されている金属類を鉱山に於ける金属と同等とみなして表現されたものです。

採掘される金属類が「地下資源」ならば、都市鉱山から取り出される金属類は「地上資源」となります。

都市鉱山_01

「都市鉱山」に「埋蔵」される金属類は鉄12億トン、銅3,800万トン、銀6万トン、金6,800トン、レアメタルであるタンタル4,400トン、リチウム15万トンと推計されています。

びっくりするほどの量で、例えば「金」で考えると、世界全体の現埋蔵量に占める割合では「16.36%」にもなります。

ただし、これら都市鉱山の埋蔵量は「全て回収出来たら」の話しなので、今後は如何にリサイクルに乗せ、効率よく回収するかが課題となります。

次回の東京オリンピックで、「都市鉱山」から算出された金属で全てのメダルが賄える様になると素晴らしいですね。

イタチごっこ?

今ではデジタルガジェットが多く存在しています。

また、大量の情報も非常に手軽に扱うことも可能になりました。

膨大な情報も大容量の記憶装置のおかげでちゃんと保存が可能になっています。

しかし、その「保存」が「安全」とは限りません。

「安全」を担保するためにセキュリティ対策が必須となっています。

セキュリティ対策の重要なひとつに「暗号化」があります。

強固な暗号化を行えば、例えば情報漏えい時にも安心さが増しますが、同時に情報利用時での負担が増す場合もあります。

簡単な暗号化だと、やはり簡単に解読されてしまうし・・・。

暗号化ツールとして有名なのは、第二次世界大戦中にドイツが活用した「エニグマ」でしょうか。

このツールは第二次世界大戦前にすでに運用開始され、第二次世界大戦中に使用していましたが、それなりに解読は進んでいた様です。

さて、「解読」ですが、KDDI研究所と九州大学は「世界で誰にも解読されていない暗号問題」を初めて解読したと発表しました。

解読に成功したのはLearning with Errors問題(「LWE問題」)といわれるもので、故意に誤差を付加した多元連立一次方程式を解く問題で、「60次元」のLWE問題を解いたとのこと。

スーパーコンピューターを用いた総当たり方式による計算では解読に「10,000年」以上掛かるところを商用クラウドの20台の仮想PCで「16日間」で成し得たそうです。

この偉業には解読アルゴリズムの最適化が功を奏したことで、次世代公開鍵暗号の技術に大いに貢献することが見込まれます。

「60次元」と見ただけでもクラクラきますが、目指すは「120元」でしょうか。

何だか難しくなりそうなのでこの辺にしますが、安全でかつ使い勝手の良い暗号化に繋がることを期待しています。