Category Archives :Update

iOS 10.1リリース・・・と

iPhone 7/iPhone 7 Plusの発売とともに、これら端末を十分に機能させるOSの登場が待たれましたが、10月25日に「iOS 10.1」としてリリースされました。

筆頭の機能追加は「iPhone 7 Plus」向けの「ポートレートモード」の搭載です。

この機能はiPhone 7 Plusに備わっている「デュアルレンズ」を利用し、被写体にピントを合わせて周りをボケさせる「被写界深度エフェクト」を実現します。

大口径で明るいレンズを使った撮影と同じ様な効果が期待できます。

ただ、この機能は現時点で「ベータ版」の扱いとなっている様です。

そして、「Apple Pay」。

前回の記事でも取り上げましたが、iPhone 7/iPhone 7 Plusで「Suica」が利用できる様になりました。

日本独自の機能なので、おサイフケータイの利用を心待ちにしている人へのサプライズです。

「iPhone 6」以降のiPhoneやiPhone 5以降とペアリングしたApple Watchでも、アプリ内の支払いやウェブ上の決済に「Apple Pay」が利用できます。

「マップ」は乗換情報が付加され、主要地域の交通機関情報と合わせ、より充実したものになり、Google Mapと同等な使い勝手となりました。

その他の改善や修正として
●他社製アクセサリのBluetooth接続の問題を改善
●デバイスがスリープから解除されたときの、AirPlayミラーリングのパフォーマンスを改善
●“iTunesで購入したものを表示”がオフのときに、iTunesで購入したコンテンツを再生しない問題を修正
●iPhone 7およびiPhone 7 Plusで、FaceTime HDカメラがセルフィーAppおよび顔認識フィルターで使用された場合、LIVEプレビューが表示されない問題を修正
●“ヘルスケア” Appで、中国語の手書きキーボードを使用すると漢字の各筆画が個別の文字に変換されてしまう問題を修正
●Safariから“メッセージ” AppにWebサイトを共有するときのパフォーマンスを改善
●Safariのタブ表示で、プレビューが正しく表示されない問題を修正
●メールの本文がとても小さなフォントで表示されてしまう問題を修正
●HTMLメールが正しく表示されない問題を修正
●“メール” Appで検索フィールドが表示されない問題を修正
●起動時に、“今日”の表示のウィジェットがアップデートされない問題を修正
●“天気”ウィジェットがデータを読み込まない問題を修正
●iPhone 7で、ホームボタンの設定が検索結果に表示されない問題を修正
●迷惑電話を警告する機能拡張が着信を拒否しない問題を修正
●アラーム音をオフにできない問題を解決
●Bluetooth経由でオーディオを再生すると、Taptic Engineがフィードバックを返さない問題を修正
●iCloudバックアップから復元するときの問題を解決
が上がっています。

また、セキュリティーの担保として
●CFNetwork Proxies
●CoreGraphocs
●FaceTime
●FrontParser
●カーネル
●libarchive
●libxpc
●サンドボックスプロファイル
●セキュリティ
●システムの起動
●WebKit
についての脆弱性へ対処しています。

ios10_1_1

ところが、早速の11月1日に「iOS 10.1.1」がリリースされました。

このアップデートは「ヘルスケアデータ」に関する不具合などの修正版になっています。

今のところ、特にアップデートに対する不具合情報は出ていない様ですが、毎度のごとく、OSをアップデートする際は情報収集してから、慎重に進めた方がいい様です。

iOS10リリース

本日、Apple社は新しいiOSとして「iOS10」をリリースしました。

ios_10

アップデートの詳しい情報は

メッセージ
• 表現能力の向上
◦ “ラウド”、”ジェントル”、”スラム”、”見えないインク”の吹き出しエフェクトをつけてメッセージを送信できます。
◦ お祝いするときなどに、フルスクリーンのエフェクトをつけて送信できます。
◦ メッセージ、リンク、写真にTapbackで素早く返答できます。
◦ 手書きメッセージは、紙の上に書いているかのように見えます。
◦ Digital Touchメッセージは、スケッチや、タップや、ハートビートを送信できます。
◦ タップするだけで、文字を絵文字に置き換えられます
◦ リッチリンクを使って、共有したWebページのプレビューを表示します
• iMessage App
◦ iMessage用の新しいApp Store
◦ “メッセージ”内でAppを使って、友人と項目を共有や共同作業ができます。
◦ ステッカーをダウンロードして、吹き出しに貼ったり、写真を送ったりできます。

Siri
• Siriは以下の種類のAppで利用できます。
◦ テキストを送信、検索、読み上げるためのメッセージ用App
◦ 電話をかけるためのVoIP App
◦ イメージや写真を検索するための写真用App
◦ 配車を予約するための配車サービス用App
◦ 個人の支払いをするための支払い用App
◦ ワークアウトを開始、停止、一時休止するためのフィットネス用App
◦ 天気、ラジオ、座席、個人用の設定を調整するためのCarPlay自動車メーカー用App

マップ
• まったく新しいデザイン
◦ 過去の移動履歴や”カレンダー”の予約情報をもとに、これから行きそうな場所を予測して提案します。
◦ 新しいコールアウトデザイン、クラスタ化された検索、カテゴリーフィルタによる検索機能の改善。
◦ 自宅、勤務先、よく使う場所、”カレンダー”の次の予定の場所などが表示されます。
◦ CarPlayまたはBluetooth経由で、駐車した場所を表示します。
◦ 現在表示中のエリアの天気を表示します。
• 機能拡張
◦ 機能拡張で対応しているレストラン予約用Appを使用して、”マップ”内から席の予約ができます。
◦ 機能拡張で対応している配車サービスAppを使用して、”マップ”内から目的地までの配車の予約ができます。
• ターンバイターンのナビゲーションの改善
◦ 経路に沿って、ガソリンスタンド、レストラン、コーヒーショップなどが検索できます。
◦ 進行方向の表示を自動的に調整します。
◦ ナビゲーションの最中にマップを動かしたり縮小・拡大ができます。
◦ 通行料金と高速道路の利用を避けるオプションが追加されました。

写真
• 深層学習(ディープラーニング)を使ってデザインされた先進的な顔認識機能で自動的に似た顔を見つけグループ化します。
• 先進的なコンピュータビジョン機能でデバイス上のライブラリをスキャンし、物体や光景を認識し、写真に何が写っているかによってインテリジェントに検索します。
• 地図上ですべての写真、ビデオ、Live Photosが見られる”撮影地”アルバム機能
• メモリー
◦ 忘れてしまったイベント、旅行、人々などをインテリジェントにハイライトし、美しいデザインのコレクションにまとめて表示します。
◦ 自動的にテーマ音楽、タイトル、映画のようなトランジション効果を付けて編集されるメモリームービー機能。
◦ 場所、時間、人、シーン、物体などに基づいて、関連したメモリーをコレクションに表示し、より多くの写真を再発見しやすくしています。
◦ 友人や家族とも簡単に共有できます。
• ブリリアンスの調整は、明るさ、ハイライト、コントラストに写真の全体ではなく部分的に適用されます。

ホーム
• HomeKit対応のアクセサリを安全に管理、コントロールするための新しいAppです。
• タップするだけで一連のアクセサリをコントロールできるシーン機能
• アクセサリを素早くコントロールできるリッチな通知機能
• オプションとして、家族や友人とホームのアクセスを共有できる機能
• Apple TVやiPadを使用した、アクセサリへのリモートアクセスとオートメーションの機能

Apple Music
• まったく新しいデザインに変わり、より明確に、より簡単に、いろいろな角度からお好きな曲をお楽しみいただけます。
• ライブラリをナビゲートするメニューが改善され、オフライン中でもデバイス上で再生できる”ダウンロード済み”の項目をすべて見ることができます。
• “For You”には、ラブ済みのミュージックやアーティストに基づいて、ミックス、プレイリスト、アルバム、Connectの投稿などがお勧めとして紹介されます。
• “見つける”では、Appleのエディタによって週ごとにピックアップされた、ほかでは入手できないようなリリースや、curatorによるプレイリストや、最も重要なリリースが簡単に見つけられます。
• “Radio”を聴くのもより簡単になり、Beats 1で現在放送中の内容がすぐ確認できたり、お気に入りの番組をオンデマンドで聴いたり、すべてのジャンルでcuratorによるステーションを選んだりしやすくなりました。
• ミュージックの再生をする”再生中”の機能も改善され、歌詞を見るには上にスワイプ、ほかにも次に再生される曲を見たり編集したりできます。

Apple News
• まったく新しいデザインの”For You”は、太めのタイポグラフィーと鮮やかな色、そしてはっきりと分かれたセクションにより、特定のトピックの記事を見つけやすくなりました。
• その日の最も重要な記事は”Top Stories”に含められ、1日を通して編集者たちにより更新されます。
• 最も人気のある記事は”Trending Stories”に含められ、ほかの人たちが何を読んでいるかに基づいて選択されます。
• 記事はすべて、フォローしているまたは読んでいるトピックのセクションに読みやすい形でグループ化されます。
• 編集者たちによって選択された、”Featured Stories”で、その週で最高に面白い記事を見つけることができます。
• 記事の共有も簡単になり、記事のアイコンをタップするだけで”For You”から直接友人に送信できます。
• 信頼の置ける提供元からのニュース速報の通知を受け取れます。
• Newsから直接お好きな雑誌や新聞を購読登録できます。
• “今日”の新しいウィジェットで、1日を通して最新の記事を見ることができます。

エクスペリエンス
• “手前に傾けてスリープ解除”は、iPhoneを持ち上げて手前に傾けると画面のスリープを自動的に解除します。
• リッチな通知機能は、リアルタイムの情報、オーディオ、写真、ビデオをサポートします。
• “今日”の表示が新しいデザインになり、”天気”、”次の予定”、”マップ”、”株価”などたくさんの新しいウィジェットをサポートします。
• “コントロールセンター”は新しいデザインになりコントロール項目にアクセスしやすくなり、ミュージック再生と”ホーム”を含め、それぞれ別々のカードになりました。
• 3D Touchの利用を拡大
◦ ロック画面の通知は、表示を増やすことが可能になり、クイックアクションにアクセスできます。
◦ “天気”、”株価”、”リマインダー”、”ヘルスケア”、”ホーム”、FaceTime、iCloud Drive、”設定”などの内蔵App用の新しいクイックアクション。
◦ ホーム画面のウィジェット
◦ コントロールセンターからフラッシュライト、タイマー、計算機、カメラ用のクイックアクション項目にアクセス可能
◦ 通知センターですべて削除が可能

QuickType
• 新しい絵文字を追加。また既存の絵文字にも性別や家族の多様性、レインボーフラッグを加え、よく使われる絵文字は美しく再デザインしました。
• ニューラルネットワークの技術を使用して、現在地、最近使用した住所、連絡先の情報、カレンダーの予約状況などについて文脈に応じた予測を行います。
• 絵文字の予測変換
• 深層学習(ディープラーニング)の技術を利用して、”メール”と”メッセージ”の会話からインテリジェントにカレンダーのイベントを検出します。
• 複数言語キーボードは、キーボードを切り替えずに複数の言語をタイプすることを可能にします。
• iPadのレスト&タイプ機能は、インテリジェントにあなたのタイピングのパターンに適応します。
• 予測タイピングは、ニューラルネットワークの技術を使用して、予測精度を改善しています。

電話
• 留守番電話の発音表記(ベータ)
• 迷惑電話識別Appによる迷惑電話のアラート機能
• 割込通話、消音、お休みモードのサポートを含めた、ロック画面上で他社製のVoIP Appによる通話受信のサポート

その他の機能改善
• SafariでのApple Payの使用
• iPad上のSafariで、Split Viewを使用して2つのページを同時に表示
• 複数の人に参加を依頼してメモを共有して作業する機能
• “メッセージ”、”写真”と”メモ”に保存されたPDFでのマークアップのサポート
• “時計”の”ベッドタイム”アラームを使うと、規則的な睡眠スケジュールの設定と就寝時刻のリマインダーが受け取れます。
• “ヘルスケア”にはヘルスケアレコードと臓器提供のサポートが追加されました[米国のみ]
• Live Photosに手ぶれ補正サポートが追加され、写真撮影が改善されました。
• Live Photos撮影時におけるライブフィルタのサポート。
• iCloud DriveにmacOSのデスクトップと書類フォルダのサポートが追加されました。
• 中国語と日本語による、Spotlightでのライブ検索結果
• スペイン語(チリ)、中国語(広東語-中国)、英語(アイルランド)、英語(南アフリカ)でのSiriのサポート
• Ling WaiとKaiti Blackの文書用フォントの追加(中国語)
• 游教科書体フォントと凸版文久体フォントの追加(日本語)
• 繁体字中国語とデンマーク語用の新しい辞書と、オランダ語とイタリア語の二言語辞典
• スペイン語(ラテンアメリカ)用のキーボード

アクセシビリティ
• “拡大鏡”はiPhoneまたはiPadのカメラを使って実物をデジタル的に拡大して表示します。
• ディスプレイカラーフィルターに新しいレンジが追加され、異なる種類の色覚異常やその他の視覚に関する問題をサポート。
• VoiceOverに、単語の発音の仕方を変える発音エディタ、新たな声、複数の音源のサポートが追加されました。
• “画面の読み上げ”と”選択項目の読み上げ”に新たなテキストハイライトのオプション。それに加え、キーボードの文字を読み上げる機能と、複数モデル学習をサポートする予測タイピング候補
• スイッチコントロールで、iOS、macOS、tvOSをすべて同じiPhoneまたはiPadからコントロール可能になり、2つ目のデバイス用にスイッチを設定する必要がなくなりました。
• 従来のハードウェアのテレタイプアクセサリを必要とせずに、ソフトウェアTTYだけでTTY通話の発信・着信が可能になりました。

一部の機能は、デバイスや国や地域によっては利用できないことがあります。

と非常に多岐にわたっています。

ところが、一部の端末でアップデートに失敗する事例が出ており、アップデートや復元ができなくなる恐れがありました。

ios_recovery

Apple社では復旧方法も提示していて、併せて修正版を「iOS 10.0.1」としてリリースしています。

いつもの様にOSのバージョンアップは様々な情報を収集した上で、慎重に行った方が宜しい様です。

iOS 9.3.5リリース

間もなく(9月中旬~下旬?)の、新しいiOSの登場が待たれますが、一足先に修正版がリリースされました。

今回のリリースバージョンは「iOS 9.3.5」。

IMG_0001

「iOS 9.3.4」に残っていた脆弱性を修正したものとなり、
・カーネルメモリーの内容が公開できてしまう問題
・悪意あるアプリがカーネル権限で任意コードを実行できてしまう問題
・悪意のあるサイトを表示した際に任意コードが実行されてしまう問題
に対処しています。

上記2つは「カーネル」に関する脆弱性で、もう1つは「WebKit」に関する脆弱性です。

これらの脆弱性については、実際に攻撃対象として実行されたと公表されており、IPA(情報処理推進機構)は至急のアップデートを呼び掛けています。

この件は某国の人権活動家に対して送付された不審なメールの解析から分かりました。

具体的な事例として脆弱性の修正を行ったアップデートですが、アップデートを行う際はウェブサイトなどでアップデートに関する情報収集を行い、念のためのバックアップを取ってからが宜しい様です。

Android 7.0 リリース

モバイルOSの世界シェアをみてみると、Android OSが圧倒的な状況の様ですが、Android端末内でみてみると新しいOSになかなか進んでいない様です。

今年(2016年)3月時点での最新Android OSは「6.0」(Marshmallow)でしたが、Android内のシェアは「約2.3%」でした。

この8月に入っての状況はというと・・・

Android_OS_01

「6.0」(Marshmallow)のシェアは「15.2%」です。

その前の「5.0/5.1」(Lollipop)が「35.5%」、更に前の「4.4」(KitKat)でも「29.2%」あります。

新しいOSへ置換えが進んでいない状況が見えてきます。

そんな中、新しいOSとして「7.0」(N)が登場しました。

Android OSは代々スイーツをOSの名前に付けているので、今回の「N」は行き詰まったのか、名称の公募もしてみたり・・・。

その名称が決定し、「Nougat」(ヌガー)となりました。

Android_OS_02

アメリカ時間の8月22日にリリースされた「7.0」(Nougat)ですが、250以上の機能が追加されています。

ただし、新しい機能の恩恵に預かれる端末はNexusシリーズの6/5X/6P/9、Android TVのNexus Player、Google謹製タブレットのPixel CとAndroid OneのうちGeneral Mobile 4Gです。

また、このOSを搭載した新端末としてLG社の「LG V20」が予定されています。

これから流行るであろう「VR」(Virtual Reality)や「AR」(Argumented Reality)に親和的だったり、個人的にはバッテリー管理機能の「Doze」がより賢くなった部分が気になります。

多くの新機能が備わっているので、追って記事にしたいと思います。
(「Nexus 5」が対象外となってしまったのが悲しいですが)。

ところで、新しいOSの登場ももうすぐ、ですよ。

iOS 9.3.4リリース

「全ユーザーへアップデート推奨」です。

アップル社は日本時間の8月5日、新しいOSとなる「iOS 9.3.4」をリリースしました。

iOS9_3_4

今回は「IOMobileFrameBuffer」に関するメモリ破損の脆弱性でアプリケーションがカーネルの権限で任意のコードを実行できる可能性があるための修正とのことです。

iOS9_3_4_Description

対象とする端末は「iPhone 4s」以降、「iPad 2」以降、「iPod Touch(5G)」以降です。

脆弱性により、「任意のコード」が実行できてしまうため、「全ユーザーへ推奨」となっている模様。

「脱獄」(JailBroken)はこの脆弱性を突いて行われる様なので、今回のアップデートにより脱獄ができなくなりました。

企業ユーザー(業務利用)では必須のアップデートになりそうです。

ただし毎回のごとく、アップデート前に十分な情報収集を行って、アップデートに関する不具合がないか確認の上、バックアップを取って、慎重にアップデートすることをお勧めします。