Category Archives :Wearable

スマートグラスの時代へ…

近年ウェアラブルデバイスの広がりは凄まじく、2015年の世界市場規模はメーカー出荷台数ベースで7900万台にまで大きくなりました。

2016年の出荷台数は1億190万台で、前年より29.0%の増加が見込まれています。(IDC調べ)

種類別にみると現在はリストバンドとスマートウォッチが市場全体の9割を占めている状態ですが、2020年までにはリストバンドがシェアを10%以上下げ、スマートグラスが躍進すると見られています。

とはいえ、スマートグラスが生活の中でどういう使い方がされるのか…あまりピンとこないので、調べてみました。

まず、先月ソフトバンクから発表されたのが「Solos」(ソロス)。

solos

 

 

 

 

ロードバイクに乗りながら視野を大きく移動せずに速度や心拍数、走行距離などを超小型ディスプレイで確認できる製品だそうです。

また、ITXが提供するテレビ会議システム「MORA Video Conference」では、オプションサービスでスマートグラスを利用する「MORA ウェアラブル」がサービスとして始動しました。

現場にいる作業者がスマートグラスを装着し、作業者視点の映像をオフィスで表示して、音声で作業指示ができるというものです。

さらには観光客向けの「弘前公園スマートグラスガイドツアー」というツアーも行われています。

これは弘前市が先月から始めたもので、特定のポイントでスマートグラスを装着すると城の歴史や曳屋工事の様子など動画を音声解説付きで視聴できるのだそうです。

その他、周囲を見渡すと、桜が満開の様子や雪が積もる冬の景色が360度のパノラマ映像で映し出されるとのこと。

スマートグラスの使用方法はまだまだ拡大しそうですね!

Googleからの新しいデバイスの予感

「Google」という検索サイトからスタートし、メールサービス、オフィススイート、SNSなど様々なサービスを展開してきた「Google」(Alphabet)社ですが、サービスだけに留まらず物理的な製品も多く出しています。

今やすっかり身近となったスマートフォンやタブレットのOSである「Android」を生み出すと共に、筐体も企画、設計して「Nexus」シリーズを出しています。

前回、より多くの人に低廉な価格で端末が提供できる様に「Android One」というプロジェクトを立ち上げ、日本でもシャープ社から「Android One」端末が発売される事を記事にしました。

「Android端末」という括りでは、「Project Ara」というプロジェクトを立ち上げ、自由な「モジュール」の組み合わせで筐体(スマホ)を完成させることを目指す、という製品作りにも取り組んでいます。

ウェアラブルの分野では2014年に「Android Wear」というOSを出して、スマートウォッチの販売拡大を後押ししています。

その「Android Wear」端末をGoogle自ら出そうとしている様です。

Google社は現在、「Nexus」シリーズの一部となるスマートウォッチを2種類開発している様です。

1つのコードネームは「Angelfish」で、LTE通信機能やGPSを搭載し、スポーティーなモデルとのこと。

片や「Sailfish」のコードネームを持つ製品はLTE通信機能やGPS機能を省いた低価格モデルになるそう。

「Android Wear」端末は多く出ていますが、今一つの状況なので、Googleが出す端末が呼び水となって、盛り上がりが出てくるでしょうか。

楽しみに発表を待ちたいと思います。

発表されたら、またお知らせします。

小型なデバイス

2014年9月、衝撃的に発表された「Apple Watch」は2015年4月に発売されました。

この発表に先立つ、2014年6月には「Google I/O 2014」でAndroid Wear搭載のスマートウォッチが「LG」「Samsung」「Motorola」から発売されると発表され、同月「LG G Watch」が発売されました。

この年から、スマートウォッチの新たな幕開けとなり、「Apple Watch」をはじめ「Android Wear」搭載のスマートウォッチは多くのメーカーから発売されています。

最近ではCasio社からアウトドア用途に特化したAndroid Wear搭載ウォッチの「WSD-F10」が発売されたり、
Casio

高級時計を発売している「TAG Heuer」がやはり高価格帯となるAndroid Wear搭載ウォッチの「CONNECTED」を発売し、
Heuer

さらなる拡がりを見せています。

また、スマートウォッチの分野では、上記2OS以外で検討している「Pebble」も人気を博していて、次なるモデルに向けクラウドファンディングで資金を募っていましたが、あっという間に目標額を突破して、今ではその数倍の額になっています。
Pebble

時計型とはちょっと違った「ウェアラブルデバイス」もあります。

元々、2015年3月に発売しているデバイスですが、「ワイヤレスジャパン2016」でも出展していました。

BIGLOBEの「BL-01」です。
BL-01

小さな筐体なりに特化した使い方が出来そうなデバイスで、対象も「法人」となっています。

ウェアラブルの今後

ケータイ電話がショルダー型からブロック型を経て、タバコサイズになってより持ち歩きやすくなりました。

スマホは当初小型なモノが出ていましたが、今ではサイズアップし、「ファプレット」なる言葉が出てきて、ボリュームゾーンは5.5インチ~6インチとなっている様です。

スマホの大型化とともに、より小型化した端末が「ウェアラブル」となって登場しました。

代表的な「ウェアラブル」端末は「スマートウォッチ」です。

「Apple Watch」やAndroid Wear搭載のスマートウォッチなど、身近な存在となっています。

アメリカ/グーグル社は「Project Glass」をスタートさせ、2012年プロジェクトのコンセプトとして「Google Glass」を発表しました。

Google-Glass-Alternatives

メガネに装着するウェアラブルデバイスで、ヘッドマウントディスプレイ方式のディスプレイから様々な情報を表示させるものでした。

内蔵カメラの利用により、「拡張現実」(AR=Augmented Reality)にも対応しています。

2013年には「有料テスト」として開発者向けに販売もされました。

しかし、スペックやトータルパフォーマンスの低さ、カメラ機能で「勝手に撮影される」というプライバシーの問題などから、2015年にはプロジェクトが終焉となりました。

メガネ型のウェアラブルデバイスは「終わり」なモノになりそうな流れになっていましたが、ある分野に特化したカタチで、見事な製品が出てきました。

Jins

Jins MEME」です。

3軸加速度センサーと3軸ジャイロセンサーを搭載したメガネ型デバイスとスマホのアプリ連携により「ライフログツール」としてココロとカラダの状態を記録し、見える化した製品。

ランニング・ドライブ・体幹トレーニングなど、多様なシーンに特化した展開で「自分自身をよく知る」ことが可能となります。

内蔵されたセンサーにより「疲れて無意識のうちにアゴを上げていることまでわかり」、普段の状況が可視化されます。

自身の健康と活動を知るにはいいツールかもしれません。

ところで「Google Glass」ですが、終焉したかに見えたプロジェクトは「Project Aura」と名前を変えて密かに継続されていた様です。

2015年12月には新しいモデルも公開されましたが、コンシューマー向けではなく業務用に利用が想定されているそうです。

ともかく、メガネ型ウェアラブルデバイスの登場を今後も期待したいと思います。