Category Archives :Windows Phone

まだ出ます

2015年10月に「windows 10 Mobile」搭載のスマートフォンを国内で発売すると発表されてから、約10ヶ月経ちましたが、まだまだ端末が登場しそうです。

ソフトバンクはSoftBankの新商品として、法人向けにレノボ製端末「SoftBank 503LV」を発売すると発表しました。

Lenovo

約5インチ(1280pix × 720pix)のディスプレイ、オクタ(8)コアCPUのチップセット、3GBのRAMに32GBストレージ。

背面カメラは800万画素で、前面カメラは500万画素にマイクロSDカードスロットも実装となかなかのスペックとなっています。

Windows 10 Mobileは少ないRAMでもそこそこ快適に動くので、3GBもあれば相当キビキビ動きそうです。

エイサーはやはり法人向けに「Liquid Jade Primo」を8月25日に発売すると発表しました。

Acer

5.5インチ(1920pix × 1080pix)のディスプレイ、ヘキサ(6)コアCPUのチップセット、3GBのRAMに32GBストレージ。

背面カメラは2100万画素で、前面カメラは800万画素にマイクロSDカードスロットも実装もメインカメラの画素数が目を引きます。

チップセットのCPUは6コアですが、フルHDのディスプレイなど、この端末もスペックが高いです。

マウスコンピューターはコンシューマー向けとなる新たな端末「MADOSMA Q601」を発売しました。

Madosma

6インチ(1920pix × 1080pix)のディスプレイ、オクタ(8)コアCPUのチップセット、3GBのRAMに32GBストレージとマイクロSDカードスロットも実装。

背面カメラは1300万画素で、前面カメラは500万画素ですが、メインはF2.0、フロントはF2.4と十分な明るさのレンズを搭載しています。

ファブレットの大きさとなりますが、「Continuum」にも対応し、併せて快適に使えそうです。

世界では失速気味なWindows 10 Mobileですが、日本ではまだ活気がある様です。

街中トレーナーだらけ

日本でのリリースが7月20日に行われると噂されたもの、結局リリースされずに「残念感」が漂った「Pokémon GO」ですが、何と7月22日にリリースとなりました。

Screenshot_20160725-175723

海外での先行サービスインに待ち遠しさを持っていたのか、そこかしこにトレーナーがいます。

ただ、様々な場所で利用できるため、出雲大社ではポケモンGOが禁止になったり、名古屋の舞鶴公園がポケモンの「聖地」になっちゃったり、と色々なことになっています。

中にはモンスターボールを投げやすくするためのスマホケースや「Pokémon GO」利用時のデータ通信料を無料にするサービスの登場も。

学校が夏休みに入った今、子供たちも一層楽しんでいることでしょう。

日本でサービスインされたものの、一部のシャープ製スマホではアプリのダウンロードができずにちょっとした騒ぎにもなった様です。

現在は終息に向かている様ですが、まだ全ての解消とはなっていない様です。

「Pokémon GO」アプリはiOS/Android向けに提供されていますが、「第三のOS」である「Windows 10 Mobile」向けには提供されていません。

wp_ss_20160725_0001

ガイドアプリと怪し気なアプリはあるのですが・・・。

この状況に業を煮やしたWindowsユーザーは「Windows 10 Mobile」に対応してもらうべく、オンライン署名プラットフォームで署名活動を始めました。

目標署名数は「75,000」のところ、現時点で「約92,000」集まっています。

集まった署名はNintendo/The Pokemon Company/Niantic, Inc.へ届けられる様です。

「Windows 10」プラットフォーム向けにもサービスインされるでしょうか。

Windowsの戦略変更

デスクトップ向けOSの「Windows 10」リリースから遅れて、同じプラットフォームとなる「Windows 10 Mobile」がリリースされましたが、同時に国内では様々な端末が出てきました。

満を持しての登場となる端末も紹介しています。

ただ、これら端末は「スマートフォン」です。

タブレット(スレートPC)の登場が待ち遠しい限りですが、情報がありません。

目を拡げると中国メーカー製らしき端末(タブレット)が出ており、「Windows 10」を搭載しています。

中には「Android」OSとのデュアルブートになっているタブレットもあります。

ほぼ8インチ未満のタブレットで、これはライセンス条件が「8インチ未満」となっているためで、この条件によりOSが無償提供さるので安価なタブレットがあふれています。

このクラスのタブレットはCPUにIntel製の「Atom」を搭載していますが、Intelは今後「Atom」の開発を中止する考えを明らかにしました。

Intelの行動により、タブレットメーカーとMicrosoftはタブレットにおける「Windows 10」の普及に歯止めがかかる恐れが出てきました。

この状況を受け、Microsoftはライセンス条件を「9インチ」へと緩和し、同時に搭載CPU(チップセット)を「Atom」から「ARM系」へ移行できる環境を整えている様です。

ARM系のチップセットですと、「Snapdragon」や「Tegra」、「Exynos」などが有名どこですが、MediaTek製チップセットなど安価でパフォーマンスの高い製品も出ているので、ライセンス条件変更で期待が持てる部分が出てきました。

既存のアプリケーション利用の「親和性」から「Windows」搭載のタブレットが使われる理由になるかと思いますが、安価に導入できる様になれば嬉しい限りです。

もちろん、MobiControlは早々に「Windows 10」に対応し、「Windows 10 Mobile」にも対応済みになっていますので、新しいデバイスを導入しても、変わらずのご利用が可能です。

ビッグネームが再登場?

セルラーフォンがフィーチャーフォン(ガラケー)からスマートフォン(スマホ)に移り変わるとともに、端末を投入するプレーヤーも様々に変わってきました。

数多く活躍していた日本国内メーカーの衰退をみても明らかです。

かつて、世界最大の携帯電話端末メーカーとして君臨してきた「NOKIA」も同様で、スマホへの波に乗り遅れたのか衰退していきました。

やがて携帯電話事業部門は切り離され、マイクロソフトに売却されるまでに至っています。

現在は通信インフラとソフトウェア開発を主としていて、今後の通信インフラである「5G」に注力しています。

一方、マイクロソフトは手に入れた「Nokia」ブランドの端末を出していましたが、なかなか思うような展開になっていない状況で、「Nokia」ブランドの「Lumia」シリーズを「Microsoft」ブランドへ変えて販売しています。

「Lumia」シリーズの製品名はそのまま継続利用していく様ですが、「Nokia」ブランドについては切り離しを進めている様で、ブランドを含めた製造設備を台湾/鴻海グループ(Foxconn Technology Group)へ売却するとの情報が出てきました。

マイクロソフト傘下では「Windows Phone」「Windows 10 Mobile」PhoneとWindows OSを搭載した端末を出していましたが、今後は「NOKIA」ブランドとして「Android」OSの端末を投入する様です。

かつての世界最大だったメーカー(ブランド)が翻弄されているようですが、ビッグネーム復活となるか、注目していきたいです。

そして「Motorola」。

携帯電話端末の世界シェア2位の時代もありました。

同様に衰退し、分離/分割となりましたが、このメーカーも「折り畳み型携帯電話」で復活(?)の兆しです。

かつて人気を誇っていた「RAZR phone」をアップデートして登場させるとの情報がありました。

今更ながらとの感もしますが、スマートフォンやスマートウォッチを出しているので、このアップデートにより拡がりが出てくると面白そうです。

新しい端末

auの「IS12T」以来、後継機の発売が一向に進んでなく、今まであまり賑わいのなかったWindows Phoneですが、ここにきて「Windows 10 Mobile」端末が多くのメーカーから出される様になりました。

Windows 10 Mobile端末としておそらく真打ちとなるであろう端末がいよいよ発売されました。

VAIO社は4月22日、「VAIO Phone Biz」を発売しました。

vaio

OSは当然、「Windows 10 Mobile」で5.5インチ、1080pix x 1920pixのディスプレイ。

SOCはSnapdragon 617の「オクタコア」。

RAMは3GB、ストレージは16GBでmicro SDにも対応しています。

また、メインカメラは1300万画素、フロントカメラは500万画素と充実したスペックとなっていて「Continuum」にも対応と素晴らしい構成。

「Biz」と名前が付いていますが、法人向けだけでなく、個人向け販売も行われます。

非常に楽しみな端末です。

楽しみといえば、中国/魅族(Meizu)は「Meizu Pro 6」を4月15日に発表しました。

meizu

どこかの端末と非常に似ていますが、5.2インチ、1080pix x 1920pixのディスプレイにOSはAndroid 6.0をオリジナル化したFlyme OS 5。

SOCはMediaTek Helio X25という「デカコア」(10コア)で4GBのRAMに32GBのストレージとこちらも非常に贅沢な構成です。

メインカメラは何と2100万画素、フロントカメラは500万画素と凄い画素数となっています。

「モバイル」端末で「10コア」とは本当に驚きです。

どんな操作感になるのか、是非試してみたい端末です。