2016年5月20日

【重要なお知らせ】

【追加】Android端末にてランチャー(キオスクモード)機能をご利用のお客様へ


日頃より、MobiControlをご利用頂き、誠にありがとうございます。

昨日、Google社/Android OSでのChromium Webview Updateに伴う、MobiControlのランチャー(キオスクモード)機能との競合、端末に対する影響をお知らせ致しました。

現在判明した状況としましてはOSバージョンはAndroid 5.0(Lollipop)を含め、以降のAndroid OSを搭載したSamsung端末が対象となります。

対象となるSamsung端末で「ELM」版のMobiControlエージェント(Samsung ELM)を適用している場合に影響が出る可能性があります。

上記対象端末でMobicontrolのご利用者様に於かれましては、ランチャー(キオスクモード)機能を外した上で、「ELM」版ではない通常のMobiControlエージェントに入れ替えて下さい。

○ランチャー(キオスクモード)機能の停止

「Android」または「Android Plus」タブを選択した上で、

・サーバーバージョンv11を含め以前のサーバーバージョン

  •  端末上または端末グループ上で右クリックして表示されたメニューから「端末設定」を選択します
  • 「制限」の「ランチャー」を選択します
  • 「端末にランチャーを適用」のチェックを外します
  • 「OK」をクリックします

・サーバーバージョンv12

  • 「プロファイル」タブを選択します
  • ランチャー(キオスクモード)機能が設定されているプロファイルを選択し、右クリックします
  • 「プロファイルの編集」
  • 「構成」タブを選択します
  • 「制限」の「ランチャー」を選択します
  • 「アクション」をクリックします
  • 「削除」を選択します
  • 「保存して割当て」をクリックします

○MobiControlエージェントのダウンロードとインストール

  • SOTI社エージェントダウンロードサイト(http://www.soti.net/oem?m)にアクセスします
  • Android Device Agentの「Manufacturer」から「Samsung」を選択します
  • 「Device Agent」から「Samsung」を選択します
  • 「Version」から管理サーバーのバージョンを選択し、「Download」をクリックします
  • 「SamsungMobiControlXXXX_XXXXX.apk」(Xは数字)を適宜保存します
  • ダウンロードしたエージェント(apkファイル)を端末にコピーします
  • 端末設定の「デバイス管理機能」内「MobiControl」のチェックを外します
  • 端末設定の「アプリケーション」内「MobiControl」をタップします
  • 「削除」をタップします(ELM版エージェントの削除)
  • 「提供元不明のアプリ」にチェックが入っていることを確認の上、端末にコピーしたエージェントを実行します(通常版エージェントのインストール)
  • 登録IDを入力します

ご不明な点・ご質問がありましたら、弊社サポートデスクまでご連絡頂けます様、宜しくお願い致します。

MobiControlサポートデスク:support@pol-japan.co.jp

戻る