2016年6月1日

【重要なお知らせ】

MobiControlにてSamsung端末を登録しているお客様へ


日頃より、MobiControlをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

先日、「Android端末にてランチャー(キオスクモード)機能をご利用のお客様へ」として、
Google社/Android OSでのChromium Webview Updateに伴う、MobiControlのランチャー(キオスクモード)機能との競合、
端末に対する影響を製品サイト(http://mobicontrol.jp/)にお知らせ致しました。

OSバージョンはAndroid 5.0(Lollipop)を含め、以降のAndroid OSを搭載したSamsung端末が対象となり、
「ELM」版のMobiControlエージェント(Samsung ELM)を適用している場合に影響が出る可能性があります。

開発元からこの件に関する見解が出ましたので、お知らせ致します。


======下記SOTI社からの公式見解======


この度のMobiControlで起こっている、端末がクラッシュしてしまう問題はSamsungが毎7日間に1回Samsung側のサーバーから
全端末へ更新している"Security Policy Distribution (SPD)"が今問題の根本的原因でした。

「SPD49」というアップデートにバグが有り、そのバグによりMobiControlのエージェントが
クラッシュしてしまう結果となりました。

現在SPD49の配信は停止しており、バグを修正しSOTI社でもテスト済みの「SPD51」を配信しております。

新しいSPD「SPD51」をSamsungサーバーからダウンロードし24時間経過するか、ファクトリーリセット頂くまで、
端末は現在のままの影響を保持しています。

毎7日間に1回SPDをダウンロードしますので、各端末によってSPD51をダウンロードするタイミングは異なります。
(最初のSPD51は5月27日金曜日にプッシュされたので、次のプッシュは6月3日金曜日になります。)

この間の対応として、現在影響の出ていない端末に関しましては、『「ELM」版のMobiControlエージェント(Samsung ELM)』を
削除頂き、通常のMobiControlエージェントに入れ替えて頂くか、ランチャー(キオスクモード)機能の停止をお願い致します。

また、「SPD51」へのアップデートが行われるように、データ通信が有効になっていること、
および端末のセキュリティポリシー更新が有効になっていることをご確認下さい。

セキュリティポリシー設定:
「設定」⇒「ロック画面とセキュリティ」⇒「その他のセキュリティ設定」⇒「セキュリティポリシー更新」

ご不明な点・ご質問がありましたら、弊社サポートデスクまでご連絡頂けます様、宜しくお願い致します。

MobiControlサポートデスク:support@pol-japan.co.jp

お客様に於かれましては、この度の件に関しましてご不便とご迷惑をお掛けしまして申し訳ありません。

戻る