2015年09月24日

MobiControl v12の提供を開始しました

日頃よりMobiControlをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

本日、日本版としてMobiControl v12を正式にリリースいたします。
また、同時にMobiControl v12にてiOS端末向けMDMとしてDEP(Apple Device Enrollment Program)利用による取り扱いも開始しました。

当面は「新規」にご利用頂くお客様向けとなりますが、DEP利用によりiOS端末の管理/運用を考えられているお客様にとって、端末登録手続きの負担が大幅に低減されます。

さらに、これまでMacのみに対応しているApple Configuratorでしか「監視モード」(Supervision Mode)にできませんでしたが、DEP利用によりMacを必要とせず「監視モード」への移行が可能となります。

なお、MobiControl v12の機能的な特徴として
  • 「プロファイル」項目追加による端末への設定簡易化
  • 「Apple Device Enrollment Program」(DEP)への対応
  • 「Android for Work」への対応
  • 「Samsung KNOX 2.0+」新機能への対応
  • 「SOTI HUB」によるコンテンツセキュリティの強化
  • 「MobiControl Stage」による端末登録の簡略化
その他
  • Windows Phone 8.1への対応
  • Windows 10への対応
  • Zebra社の「Link-OS」プリンターへの対応
  • アップル、京セラ、レノボ、ソニー、サムスン、LG、およびゼブラ/モトローラ等のAPIをサポート(海外のみの端末含む)
となっています。

戻る